So-net無料ブログ作成

中山道歩き38の2(2017/11/13) 12月6日(水) [中山道を行く]

昨日は暖かい日でしたが、西日本では雪のところもありましたね。

関東地方も今日から寒くなるようです。

冬対策が必要です。



中山道の続きです。

1206title.jpg

愛知川宿の休憩所で休んだ後、旅を続けます。

駅からの道の交差点に広重の絵のモニュメントがありました。

写真を撮った時には気が付きませんでしたが、左端に写っている黒い箱のような物。

明治時代のポストを模して作られた、ポストです。

今でも利用可能です。

D75_1876.jpg

本陣とか脇本陣は表示してあるだけで何も残っていないようです。

本陣跡の表示がありました。

実際の場所は写っている建物の場所ではなく手前の場所です。

D75_1878.jpg

勉強する場所と言う意味では間違っていませんが・・

D75_1881.jpg

「伊吹正」と言う看板を掛けた建物がありました。

調べてみたら、主に列車のトイレに使う脱臭消毒剤のメーカーでした。

D75_1882.jpg

細い道が続きます。

D75_1883.jpg

板壁の屋敷がありました。

竹平楼と言う料亭のようです。

D75_1884.jpg

宝暦八年(1758)創業の料理旅館で、今でも日本料理の店として営業中です。

創業時は「竹の子屋」という屋号でした。
< 私とは何の関係もありません(笑)>

明治天皇が行幸の時に泊まったという部屋があります。

その時には岩倉具視、大隈重信、なども一緒だったそうです。

D75_1885.jpg

こういうところで昼食を食べるわけにはいきません。

先に進みます。

街灯のデザインが少し違う物がある事に気づきました。

前記事、この記事の二つ目の写真とも違います。

D75_1887.jpg

先に進むと小さな川がありました。

「不飲川」(のまずがわ)と言う川です。

この川の上流で平将門の首を洗い、川が血に染まって飲まなくなったという事です。

D75_1889.jpg

愛知川宿の町並みも終わりになりました。

D75_1891.jpg

ここで国道8号線に入り、歩道のない国道歩きになります。

D75_1892.jpg

交通量は多い道です。

この先に橋がありますが歩道があるかどうか心配です。

D75_1893.jpg

橋のたもとに大きな常夜灯が立っています。

D75_1894.jpg

幸い橋には歩道がありました。

御幸橋と言います。

D75_1895.jpg

橋を渡る時は左右を見たくなります。

琵琶湖方面に流れる下流側です。

D75_1896.jpg

上流側は近江鉄道の鉄橋があり、ちょうど、電車が、通過しました。

D75_1898.jpg

道路の案内に大津の文字が出てきました。
(近江八幡は近いですが、大津はまだ遠いです)

D75_1899.jpg

この辺りを描いた広重の絵です。

今は愛知川ですが、昔は恵知川だったようですね。

65_echigawa.jpg


橋を渡り左に曲がります。

交通量が多いです。

D75_1900.jpg

直ぐに右に入る道がありました。

D75_1901.jpg

静かな道に入りホッとします。

D75_1902.jpg

東嶺禅師とは臨済宗の高僧です。

D75_1903.jpg

茅葺屋根の家も残っており、近江鉄道の踏切を渡ります。

D75_1904.jpg

小幡神社の御旅所がありました。

どんな神輿があるのでしょう。

D75_1908.jpg

向かいには久しぶりに杉玉を見ました。

D75_1907.jpg

中澤酒造と言う酒屋さんですが、2000年に一度休業したけれど2015年再興した蔵元です。

D75_1910.jpg

石の道標がありました。

よく読めませんが、右は京都、左は伊勢ですね。

D75_1911.jpg

進んでいくと少し古い家がありました。

D75_1915.jpg

なんと!!

時代劇で見るような玄関でした。

D75_1914.jpg

この辺りは五個荘という地区です。

このような大きな家が沢山あります。

D75_1916.jpg

いかにも旧街道を思わせるような松ですね。

D75_1918.jpg

この地域のまちづくり協議会が「六心の訓」の推進をしているそうです。

「六心の訓」は近江商人発祥の地と言われる五個荘地区で「三方良し」と共に継がれてきたそうです。

六心の訓(おしえ)
   はい      素直な心
 すみません    反省の心
 ありがとう    感謝の心
 わたしがします  奉仕の心
どうぞ       互譲の心
おかげさまで    謙虚な心

言葉をかみしめながら休憩をしました。

D75_1919.jpg

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR





タグ:六心の訓
nice!(74)  コメント(24) 

nice! 74

コメント 24

きよたん

昔のまま時代劇のよう 寺子屋が面白いですね
私は今日 近江八幡に旅行です。
by きよたん (2017-12-06 06:15) 

Take-Zee

おはようございます!
先日、千葉の大多喜でいわゆる小江戸を見て
きましたが新しい建物がほとんどで興ざめでした。
 中山道の古い町並みはすてきです!!

by Take-Zee (2017-12-06 06:57) 

kazu-kun2626

竹の子屋さん立派な門構えで
入るのには勇気がいりそうですね
六進の訓は肝に銘じたいですがね
素敵な街並み続きますね
by kazu-kun2626 (2017-12-06 07:12) 

さる1号

時代劇で見るような玄関が今も現役であるとは
お出かけの時は鍵はどうするのだろう
by さる1号 (2017-12-06 07:20) 

mimimomo

おはようございます^^
伊吹正、家の趣と商売が何だか想像できない違い^^
歩くと色んなものが見えてきますね~面白い! やはり古い家と言うのは良いです(自分の歳のせい?)昔を思い出します。
by mimimomo (2017-12-06 07:30) 

arashi

素敵な町並みですね。
by arashi (2017-12-06 07:34) 

モカ

この宿場町も素敵ですね^ ^

やはり一度、私もゆっくりと宿場町へ出かけて見たいです♪
by モカ (2017-12-06 07:42) 

ponnta1351

「六心の訓」こう言う当たり前のことが忘れられている昨今ですね。
「不飲川」も言われがあるんですね 。
by ponnta1351 (2017-12-06 07:46) 

よしころん

「六心の訓」これは心に刻みたいと思います。
整備されたのではない古い町並みが素敵です^^
by よしころん (2017-12-06 07:49) 

yakko

おはようございます。
時代がそのまま残っていて、タイムスリップして迷い込んだような気分になりそうです。「六心の訓」を自分に言い聞かせます。<(_ _)>
by yakko (2017-12-06 09:48) 

dojita

電柱と標識が無ければそのまま時代劇!!
好い街ですね。
by dojita (2017-12-06 14:15) 

ゆうみ

こうした民家いつまでも保存して欲しいです。
良い風景だわ

by ゆうみ (2017-12-06 15:44) 

JUNKO

私がしますは足りないようです。何でも相棒に「・・・して!」と頼みます。
by JUNKO (2017-12-06 16:41) 

okko

将門の血が流れた川・・・なんて怖いですね~。
by okko (2017-12-06 16:42) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

まだ、残っているんですね。時代劇で出て来るような玄関
今に時代には、不用心ですが・・・。



by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-12-06 21:48) 

ゆうのすけ

時代劇みたいな玄関!個人宅様とは言え気になる構造ですね。^^
中にサッシとかもう一枚あるんでしょうかね。
この一枚だと仮に中が土間としても 冬は寒いでしょうし 物騒ですよね。そんな下世話なことを考えてしまいました。^^;
by ゆうのすけ (2017-12-06 22:17) 

そらへい

愛知川を子供の頃、あいちがわと読んでいました。

by そらへい (2017-12-06 23:20) 

旅爺さん

お早う御座います。
このように昔からの家並みを眺め歩くのはカメラも忙しいですね。
広重の絵を見ると昔の橋は沈下橋ですね。

by 旅爺さん (2017-12-07 05:47) 

kuwachan

中山道は昔も今も幹線道路ですね。
これだけ車の往来が激しいと歩くのが怖いですね。細い道に入るとホッとされるお気持ちわかります。どうぞお気をつけください。

by kuwachan (2017-12-07 08:53) 

kohtyan

中山道には、歴史がいっぱい詰まっていますね。
五個荘村には一度行ったことがありますが、六心の訓というのが
あるのですか、近江商人の心構えがよく言い現せていますね。
by kohtyan (2017-12-07 09:17) 

ai-maron

お写真を拝見すればするほど、近江に、もう一度行ってみたくなりました。
「六心の訓」、心に刻んでおくことにいたします。

by ai-maron (2017-12-07 11:41) 

美美

ココもまた昔の雰囲気が残る街ですね。
蔵と松の木がまた良い味を出していますね(∩.∩)
by 美美 (2017-12-07 17:10) 

takenoko

きよたんさん
  今頃旅行を楽しんでいるところでしょうか。

Take-Zeeさん
  大多喜はゴルフで行ったことしかありません。

kazu-kun2626さん
  昼食で3~4千円でした。

さる1号さん
  開けてみたらサッシの引き戸があったりして・・・

mimimomoさん 
  ホームぺージを見たら、本社としてこの建物の写真が出てきました。工場は違うところにあるようです。

arashiさん
  こういうところを歩くのは昔を思い浮かべながら、楽しいです。

モカさん
  宿場の間でもきれいな所は沢山あります。

ponnta1351さん
  紙に書いて貼っておこうかと思いました。

よしころんさん
  改めて感じるところがありました。

yakkoさん
  こういう引き戸を見るとは思いませんでした。

dojitaさん
  電柱はホントに邪魔ですね。

ゆうみさん
  風致地区ならともかく、個人の持物なので中々難しい問題ですね。

JUNKOさん
  私も家内に丸投げです。

okkoさん
  この辺りは昔、源平の戦いがあったらしく、もっともらしい話です。

なんだかなぁ~!! 横 濱男さん
  どうしているんでしょうね???

ゆうのすけさん
  引き戸を開けて中を見てみたいですね。雨が降ったらどうするんでしょう。

そらへいさん
  えちがわとは読めませんね。なまったのでしょう。

旅爺さん
  写真ばかり撮っているのでペースが上がりません。

kuwachanさん
  歩道のないところは怖いです。大型が多いので気を許せません。

kohtyanさん
  五個荘は明治以降の歴史がたっぷりです。

ai-maronさん
  私もこの地域を歩いて大きな発見ばかりです。

美美さん
  街道の松の木にしては形がいいですね。
by takenoko (2017-12-08 04:04) 

takenoko

きよたんさん
  今頃旅行を楽しんでいるところでしょうか。

Take-Zeeさん
  大多喜はゴルフで行ったことしかありませんが、昔の雰囲気を保存するのは大変なんでしょう。

kazu-kun2626さん
  昼食で3~4千円でした。

さる1号さん
  開けてみたらサッシの引き戸があったりして・・・

mimimomoさん 
  ホームぺージを見たら、本社としてこの建物の写真が出てきました。工場は違うところにあるようです。

arashiさん
  こういうところを歩くのは昔を思い浮かべながら、楽しいです。

モカさん
  宿場の間でもきれいな所は沢山あります。

ponnta1351さん
  紙に書いて貼っておこうかと思いました。

よしころんさん
  改めて感じるところがありました。

yakkoさん
  こういう引き戸を見るとは思いませんでした。

dojitaさん
  電柱はホントに邪魔ですね。

ゆうみさん
  風致地区ならともかく、個人の持物なので中々難しい問題ですね。

JUNKOさん
  私も家内に丸投げです。

okkoさん
  この辺りは昔、源平の戦いがあったらしく、もっともらしい話です。

なんだかなぁ~!! 横 濱男さん
  どうしているんでしょうね???

ゆうのすけさん
  引き戸を開けて中を見てみたいですね。雨が降ったらどうするんでしょう。

そらへいさん
  えちがわとは読めませんね。なまったのでしょう。

旅爺さん
  写真ばかり撮っているのでペースが上がりません。

kuwachanさん
  歩道のないところは怖いです。大型が多いので気を許せません。

kohtyanさん
  五個荘は明治以降の歴史がたっぷりです。

ai-maronさん
  私もこの地域を歩いて大きな発見ばかりです。

美美さん
  街道の松の木にしては形がいいですね。
by takenoko (2017-12-08 04:05)