So-net無料ブログ作成
鎌倉の寺社 ブログトップ
前の10件 | -

今年の正月(2) 1月7日(日) [鎌倉の寺社]

一昨日は曇天で寒い日でしたが、昨日は晴天の日でした。

昨日は、鶴岡八幡宮は土曜日でもあり、人も多くロープ規制をしていたそうです。



1月4日、初詣に鶴岡八幡宮に出かけました。

とても良い天気でした。

D75_2863.jpg

段葛を通って八幡宮に向かいます。


並んだりする事はなく普通に歩けます。

D75_2865.jpg

例年通り、「迎春」の看板がついています。

D75_2866.jpg

10時ごろでしたので、特にロープ規制はありません。

今年も大型モニターが設置されていました。

D75_2871.jpg

いつもながらの警備担当の「赤マント?」、今年は女性が多かったですね。

D75_2867.jpg

本殿前の60段の階段を上がります。

数年前に倒れた大銀杏の根元から出てきたひこばえがこんなに大きくなっていました。

D75_2870.jpg

お参りを済ませ、お札、破魔矢を頂き、いつものおみくじを







今年はこんなところに入れることになってしまいました。

D75_2869.jpg

3、4年前にも出たことがあります。

鶴岡八幡宮は「凶」、「大凶」が多いと言われています。
(ネット情報では20%)

私の周囲の人も2,3人いました。

参りを済ませ、帰りは混雑した小町通を通って帰り、駅の手前で曲ります。

相変わらず人力車は多いですね。

D75_2873.jpg

刀屋さんの前を通ります。

D75_2876.jpg

奥の方では、刀づくりをしていました。

D75_2875.jpg

ここの近くのサンルイ島(ケーキ屋さん)で好物の「サクランボのクラフティ」を購入。

鎌倉駅西口へ、

客待ちタクシーもいましたが、こちらは「客待ち車夫」

D75_2877.jpg

破魔矢とお札はとりあえず玄関へ

D75_2879.jpg



+++  その他  +++

2日の夕方、富士山が爆発???

D75_2861.jpg

我が家の鉢植えの梅、もうすぐ咲きます。


D75_2883.jpg

+++ 7日午後追記 +++

同じ木ですが、違う蕾が開花しました。

D75_2939.jpg

昨日は、長男、次男の家族が来て賑やかな一日になりました。

D75_2900.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
AF-S Mirco NIKKOR 60mmf2.8G  ED


nice!(80)  コメント(27) 

今年の正月(1) 1月5日(金) [鎌倉の寺社]

新年になり5日目になりました。

元旦から昨日まで快晴の日が続きました。

今日は少し天気が悪いようです。

例年、お正月は息子(三男)家族が来るので賑やかな正月ですが、今年は静かな正月になりました。



元旦の朝はいつも通り早起きして、歩いて10分ほどの丘の上から富士山の撮影をしました。

1月1日掲載の写真と同じ時に撮りました。

D75_2842.jpg

この時、すぐ後ろを見ると、太陽が上がって来るところでした。

D75_2851.jpg

帰りに、小さな神社に寄ってお参りをしました。

D75_2855.jpg

毎年、干支の文字が書いてあります。

D75_2856.jpg

普段と変わらない朝食後、北鎌倉に向かいました。

バイクで行きましたが、正月は途中から交通規制になります。

小袋谷の踏切近くにバイクを置いて、歩きだしたところで、笛の音が聞こえます。

地元の囃子会の方が回っていました。

昔知り合いだった方が代表を務めていて、その人と数年ぶりに出会いました。

今から獅子舞をするから見て行きませんかと言われ、見せていただきました。

毎年元旦には町内約200軒の家を回るそうです。

ついて行くと、家の中です。

図々しくもお邪魔させていただきました。

座敷で獅子舞が始まります。

D81_4885.jpg

家の方は左の襖の向こうにいらっしゃいます。

お囃子は、笛と太鼓です。

D81_4893.jpg

とても珍しいものを見せていただきました。



そこから約10分歩いて円覚寺に着きました。

D81_4903.jpg

私の実家では、昔から元旦は菩提寺にお参りする習慣でした。

数年前から、私は元旦に円覚寺にお参りすることにしています。

鶴岡八幡宮は大混雑でしょうが、こちらは静かな境内です。

朝10時過ぎです。

D81_4904.jpg

山門には提灯が掛かっています


D81_4929.jpg

本尊の宝冠釈迦如来に新年のご挨拶。

D81_4906.jpg

とても良い天気になりました。

D81_4907.jpg

横の庭には蝋梅が咲いてます。

D81_4908.jpg

他のブロガーさんの記事にも蝋梅の花が掲載されていましたが、今年は早いでしょうか。

D81_4909.jpg

いつもは中に入れない僧堂の前まで、正月は入れます。

D81_4916.jpg

舎利殿の前の門の前でしゃがむと全景が撮れます。

D81_4914.jpg

いつもの順番で境内を回ります。

黄梅院前の今月の詩

D81_4920.jpg

黄梅院の聖観世音菩薩にお参り。

D81_4921.jpg

三椏の蕾が膨らんでいます。

D81_4922.jpg

佛日庵のモクレンはこんな蕾です。

D81_4923.jpg

如意庵の飾りは例年通りでした。

D81_4926.jpg

昼前になってきたので、帰ります。

総門のマスコット猫、しいちゃんが日向ぼっこ。

D81_4931.jpg

電車が着くたびに、大勢の人が入っていきます。

D81_4932.jpg

小袋谷まで歩き、バイクで帰宅しました。

昼食はおせちで、程々のお酒で眠くなってしまいました。



今まで2日に1度の更新でした。

今年は基本的に継続しますが、のんびり、記事更新をします。

しばらくはネタがありますのでいつものペースで続けます。


よろしくお付き合いください。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR


nice!(88)  コメント(29) 

北鎌倉の秋 12月2日(土) [鎌倉の寺社]

中山道の記事はお休みして、近所の話題です。

11月24日(金)に久しぶりに北鎌倉に行きました。

天気もよく、前日は祭日で4連休の人もいるのではないかという日でしたので多くの人でした。

北鎌倉駅の円覚寺の前は、待ち合わせの人であふれていました。

円覚寺の総門前のモミジは紅葉が見頃を迎えていました。

D81_4783.jpg

スマホで写真を撮っています。

左手に持ったドリンクは大丈夫でしょうか?

D81_4780.jpg

駅からしばらく歩き、着いたところはこのお寺です。

基本的に、金、土、日、祝日しか入れません。

D81_4790.jpg

落ち着いたお寺で好きなお寺です。

D81_4792.jpg

長寿寺です。

春には来たことはありますが、秋に来た事はありませんでした

D81_4797.jpg

中の掛け軸などもいつも興味を持ってみています。

お分かりだと思いますが、禅宗のお寺です。
(建長寺の境外塔頭です)

D81_4799.jpg

下の引き戸の絵は古い物ですね。

D81_4806.jpg

寿限無とは落語の言葉で有名ですが、本来は「寿命が限りなく長い事」です。

D81_4807.jpg

昼なお暗い森の中で道を他人に尋ねるものはそれに依って道を失うことがある。
静かに目を閉じて自ら開拓するものは永遠に明るい。

D81_4811.jpg

前庭には観音堂があります。

後ろのイチョウはまだ緑の葉が残っていました。

D81_4814.jpg

横には赤くなった紅葉も見られます。

D81_4803.jpg

苔庭の中に蛙が二匹

D81_4801.jpg

観音堂内の観音様。

天井の絵も素晴らしいです。

D81_4816.jpg

日差しがきつく、写真を撮るにはちょっと・・  曇天の方がよかった。

雨が降ると、この寺は公開されないそうです。

D81_4826.jpg

ここまで来たので、帰りに東慶寺にちょっと寄り道です。

宝蔵の横の大きなイチョウの木は早すぎました。

D81_4849.jpg

奥の墓地周辺のモミジはまだ緑です。

D81_4839.jpg

十月桜は可憐に咲いていました。

D81_4836.jpg

約1週間前ですので、今はどうなっているでしょう。

D81_4852.jpg

早目に引き上げました。

鎌倉の紅葉は例年12月10日頃まで楽しめます。



今年も果物屋さんに予約していましたが、10月の2週連続の台風でほとんど落ちて不作だそうです。

1週間前にやっと入荷したと連絡があり、今年も何とか出来ました。

この先が楽しみです。

D81_4854.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

昨日から、ちょっと出かけています。
(今回は中山道ではありません)

コメントのお返事は帰ってからさせていただきます。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

nice!(67)  コメント(22) 

円覚寺(続き) 10月29日(日) [鎌倉の寺社]

26日、27日の二日間はよく晴れた暖かい日でした。

昨日から曇り空になりました。

台風の動向が気になります。

前記事でお知らせしていた通り、26日、27日は晴天の下、中山道歩きをしてきました。

美濃路を離れ、近江路に入りました。(岐阜県と滋賀県の県境)

IMG_0312.jpg

道中記は次回の記事より始めます。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++


円覚寺の続きです。

色とりどりの円覚寺境内一番奥の黄梅院から出ます。

今まで何度も来ていますが、こんな木がある事に気づきませんでした。

D81_4644.jpg

黄梅院の階段の上から見ると少しだけ赤くなった紅葉が見えました。

D81_4646.jpg

佛日庵の前まで来たところで法衣姿のお坊さんが僧堂の方から出てきました。

D81_4647.jpg

円覚寺境内にはいくつかの塔頭寺院がありますが、その住職の方でしょう。

D81_4648.jpg

久しぶりに佛日庵に入りました。

入る時に線香を渡されます。

開基廟前に立てます。

D81_4650.jpg

開基廟の隣にある佛日庵で、前には大きな泰山木があります。

D81_4658.jpg

大きな実が付いていました。

D81_4654.jpg

久しぶりに抹茶を頂きました。

D81_4651.jpg

お菓子は豊島屋の小鳩豆楽でした。

D81_4652.jpg

横には大きな木蓮の木がありますが、もう来春の準備です。

D81_4657.jpg

数年前、10月の台風で潮風にやられ、モミジの紅葉が見られなかったことがあります。

先日の台風の雨では何とか被害を受けなかったようです。

D81_4659.jpg

いつもは乾いている道も浸みだした水で濡れていました。

D81_4661.jpg

大方丈の庭のモミジも少し赤くなっています。

D81_4663.jpg

普段はあまり気にしたことはありませんが、この辺りの崖はほとんどこんな地層です。

D81_4664.jpg

大方丈の玄関前には大きなビャクシンの木がありますが、半分ぐらいコンクリートで補強されています。

D81_4666.jpg

周りには古い石仏が沢山並んでいます。

D81_4680.jpg

何時頃のもので、どこにあった石仏かよくわかりません。

D81_4668.jpg

その内の一つです。

D81_4672.jpg

それぞれ違う形の石仏です。

D81_4681.jpg

向かいの高い所には色が変り始めたモミジが見えます。
(先ほどの崖の上です)

D81_4667.jpg

徐々に総門の方に向かいます。

仏殿裏にシコンノボタンが咲いていました。

これは8月ぐらいから咲いていたように思います。

D81_4683.jpg

仏殿裏にはヒメツルソバが一面に咲いています。

D81_4688.jpg

仏殿前まで行き、選佛場の屋根越しに黄色くなった公孫樹が見えます。

D81_4691.jpg

来た時は貸し切り状態でしたが、どんどん人が入ってきました。

D81_4693.jpg

今年の春から、仏殿内は土足禁止になりましたので混雑します。

D81_4694.jpg

総門前には外国人のグループがいました。

D81_4696.jpg

来た時は晴れ間が出ていましたが、帰るころは曇り空なってしまいました。

D81_4697.jpg

総門を出ます。

総門前のモミジは少し赤くなっていました。

D81_4700.jpg

再び白鷺池の横を通って駐輪場に向かいました。

東慶寺はすぐそこですが、この日は午前中で帰りました。

D81_4702.jpg

もうすぐ11月、鎌倉が込みだす時期になります。

11月末には紅葉もピークになるでしょう。

本日もご訪問ありがとうございました。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

タグ:円覚寺
nice!(76)  コメント(31) 

円覚寺 10月26日(木) [鎌倉の寺社]

台風一過の晴天も台風通過当日の23日だけでした。

24日(火)は午前中少し晴れ間があったものの、ほぼ曇りの一日でした。

しばらくお参りしていなかった円覚寺にお参りに行きました。

北鎌倉駅前の駐輪場にバイクを止めて、白鷺池の横を通り門へ向かいます。

ここは円覚寺の敷地です。

D81_4594.jpg

総門の階段を上ります。

ここのモミジは円覚寺のモミジの中でも早く紅葉します。

しかしまだ緑のままです。

円覚寺境内にある北鎌倉幼稚園の園児たちはここを通って通園します。

D81_4596.jpg

境内に入ったのは午前9時前です。

参拝者も少なく静かです。

D81_4597.jpg

階段の横を見ると、大きな木の下に枯れ葉と言うのでしょうか、たくさん落ちています。

D81_4598.jpg

いつも撮るアングルですが、人の姿はありません。

D81_4600.jpg

仏殿の宝冠釈迦如来にお参りです。

仏殿内は誰もいませんでした。

静かな仏殿で心が落ち着きます。

D81_4605.jpg

無学祖元と達磨大師の像が並んでいます。

D81_4604.jpg

仏殿を出ると選佛場の前に外国人の男女が何やら話していました。

D81_4606.jpg

居士林横のモミジほんのり色づいた箇所があります。

D81_4607.jpg

茅葺の屋根は落ち着きますね。

D81_4608.jpg

貸し切り状態です。

D81_4610.jpg

あれ?

D81_4612.jpg

以前、大方丈の辺りをうろうろしていました、かなちゃんのようです。

円覚寺には総門のところに、しいちゃんという猫もいます。

この日も総門に居て、幼稚園児が撫でていました。

D81_4614.jpg

少し明るくなり青空がのぞいています。

D81_4615.jpg

妙香池の庭はいつみても綺麗です。

D81_4616.jpg

ススキもまだ元気ですが、もうそろそろ枯れるでしょう。

D81_4617.jpg

台風の時に降った雨が白鹿洞からにじみ出ていました。

D81_4619.jpg

水道から出るような流れもあります。

D81_4621.jpg

黄梅院の前に来ました。

今月の言葉です。

D81_4624.jpg

黄梅院に入ります。

D81_4626.jpg

すぐに目についたコムラサキ。

D81_4628.jpg

ここも貸し切り状態でした。

D81_4629.jpg

調べてみたら「関屋の秋丁子」と言うらしいです。

D81_4639.jpg

秋明菊がありましたが、台風の風で傾いていました。

花ももう終わりでしょう。

D81_4630.jpg

これは?

D81_4631.jpg

聖観世音菩薩にご挨拶

平成元年に作られた新しい観音様です。

D81_4633.jpg

庭を見渡していると季節の変りを感じます。

サネカズラの実が赤くなり始めました。

D81_4637.jpg

千両の実も付きました。

D81_4641.jpg

そして黄色の千両も

D81_4643.jpg

万両もこれからさらに赤くなるでしょう。

D81_4642.jpg

突然人の気配がしましたが、比較的静かでした。

D81_4635.jpg

三椏は来春の準備を始めています。

D81_4634.jpg

黄梅院を出ました。

次回に続きます。



昨日は一日中冷たい雨が降り寒い一日でした。

今日は晴れそうです。

今日から中山道へ行きます。

次回更新は29日になるかもしれません。



本日もご訪問ありがとうございました。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

タグ:円覚寺
nice!(80)  コメント(26) 

9月の東慶寺  9月9日(土) [鎌倉の寺社]

ちょっと蒸し暑い日が続きました。

と言っても20度台後半です。

真夏のような事はありません。



前回の続きです。

瑞泉寺を出た後には北鎌倉の東慶寺に向かいました。

瑞泉寺はほとんど人の姿が見えませんでしたが、八幡宮前辺りは結構混雑していました。

北鎌倉まで行くと静かになります。

東慶寺も静かでした。

D81_4346.jpg

本堂にお参りし、振り向くと本堂前の庭には石造多宝塔が立っています。

D81_4392.jpg

何度もこの前を通っていますがじっくり見たことはありませんでした。

よく見ると、手を合わせている仏様

D81_4391.jpg

違う面には座禅の姿勢の仏さまが彫ってあります。

初めて気づきました。

D81_4390.jpg

本堂を出るとすぐ前に、女郎花がいつもの場所に咲いています。

D81_4350.jpg

今がピークでした。

D81_4381.jpg

宝蔵前に来ました。

毎年咲いている秋桜。

D81_4353.jpg

そしてピンクの秋明菊。(白い秋明菊は見当たりませんでした)

D81_4378.jpg

宝蔵の奥にある石像

D81_4356.jpg

いい顔ですね。

D81_4372.jpg

秋海棠の花も見られました。

D81_4361.jpg

ここでもタマアジサイの花が咲いていました。

D81_4371.jpg

ジンジャーの花も咲いています。

いくつか咲いていましたが、ほとんど色あせていて、この花だけがきれいでした。

D81_4357.jpg

周りのイワタバコは葉だけで寂しそうなお地蔵さん。

D81_4363.jpg

なんとなく泣きそうな顔に見えます。

D81_4370.jpg

奥の墓苑から見た宝蔵の方向です。

D81_4364.jpg

この近くにはいくつかの石像があります。

D81_4365.jpg

特に案内もないので東慶寺にあった石像なのか、いつ頃の物かわかりません。

D81_4367.jpg

野葡萄の実が色づいています。

沢山ありましたので、これからでしょう。

D81_4374.jpg

あまり目立った花は見当たりませんでした、足元にホトトギスが咲いていました。

D81_4382.jpg

蕾もあり、これから増えていくでしょう。

D81_4385.jpg


以前、ナデシコの花が沢山咲いてましたが今回は見当たりませんでした。


時々人の姿を見る程度でした。

D81_4393.jpg

こんな所にtakenoko号を置かせていただきました。

D81_4394.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。



今日、明日は久しぶりの晴天の予報です。

ネタの補充に出かけましょうか・・



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR








タグ:東慶寺
nice!(83)  コメント(28) 

瑞泉寺の芙蓉の花 9月7日(木) [鎌倉の寺社]

ネタ切れ寸前かろうじてセーフです。

風邪の兆候もほぼ治まった9月5日(火)にこの時期には毎年訪れる瑞泉寺に行きました。

takenoko号に乗り、約20分で瑞泉寺に着きました。

D81_4295.jpg

秋らしくなったと言え、まだセミの鳴き声が聞こえ、ムクゲの花も咲いていました。

D81_4340.jpg

階段の上り口からタマアジサイが続きます。

大きな蕾も沢山ついています。

D81_4297.jpg

花も咲いています。

D81_4298.jpg

玉のような蕾からこんな繊細な花が咲くとは驚きです。

D81_4336.jpg

緩やかな階段を上っていきます。

先月下旬にお休みしていた時にはこんな景色が見えるところで監禁されていました。

IMG_0255.jpg

短期間でしたが、動かないと足が弱ります。

こんな坂でもいつものペースではありません。

D81_4299.jpg

二手に分かれます。

D81_4302.jpg

古い階段は急な階段で、苔が付いているから滑って危険です。

D81_4303.jpg

当然右手の階段を上りました。

少し上れば山門に着きます。

D81_4304.jpg

ここにはいつも俳句を書いた板が掛かっています。

今は高浜虚子の句でした。

「秋草の名もなきを我が墓に植ゑよ」

私は俳句の事はわかりませんがこれって俳句でしょうか?

D81_4306.jpg

門をくぐって中に入ります。


D81_4307.jpg

瑞泉寺で芙蓉の花を初めて見たのは20年ぐらい前の事でした。

D81_4308.jpg

今年もちょうど良いタイミングでした。

D81_4309.jpg

瑞泉寺は、鎌倉駅から遠いので、お参りに来る人も少ないです。

静かなお寺に、白い芙蓉がピッタリです。

D81_4310.jpg

本堂の裏に回ってみました。

D81_4314.jpg

以前は見かけなかったのですが、ピンクの秋明菊が咲いていました。

D81_4313.jpg

ミズヒキソウも見られます。

D81_4315.jpg

繊細な植物ですが、絡まる様にあると目立ちます。

D81_4319.jpg

万両の実も生り始めています。

D81_4320.jpg

鐘楼の横に手に宝珠を乗せた、半跏倚坐 (はんかいざ)の仏様がいらっしゃいます。

D81_4332.jpg

この日は少し汗ばむような気温でした。

蝉の声はまだ聞こえていました。

抜け殻は彼方此方で見かけます。

D81_4323.jpg

門の付近には白い秋明菊が咲き始めました。

まだそれほど咲いていませんでした。

芙蓉の時期に行くと少し早すぎます。

D81_4326.jpg

ミズヒキソウと一緒に、

D81_4327.jpg

今日(9月7日)は少し暑くなるようですが確実に秋は進んでいます。

D81_4344.jpg

皆様にご心配頂きました私の夏風邪は、おかげさまでほぼ回復しました。

ありがとうございました。



本日もご訪問ありがとうございました。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

タグ:瑞泉寺 芙蓉
nice!(83)  コメント(28) 

ぼんぼり祭り(日没後) 8月20日(日) [鎌倉の寺社]

相変わらず変な天気が続いています。


昨日、夕方までは晴れたり、曇ったりの天気でした。

午後7時過ぎから、雷鳴が響き、強い雨が降り出しました。

今日はどんな天気になるでしょう。



鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りの続きです。

日没後、灯をつけられたぼんぼりが浮き上がります。

D75_0198.jpg

養老先生の昆虫はひっそりと

D75_0194.jpg



D75_0197.jpg

東大寺森本公誠長老の書

D75_0200.jpg

平松礼二さん(日本画家)のハス。

D75_0203.jpg

建長寺吉田正道老師の「〇」

禅宗のお寺には「〇」の掛け軸がよく掛けてあります。

D75_0207.jpg

円覚寺横田管長の書

D75_0209.jpg

滑川公一さん(漫画家)の絵

D75_0216.jpg

Catsの絵に見えます。

D75_0217.jpg

涼しげな絵ですね。

D75_0219.jpg

伊集院静さんの書

「琥珀の夢」毎朝の楽しみです。
(日本経済新聞連載小説)

高村さんの「私の履歴書」も面白いので合わせて読んでいます。。

D75_0221.jpg

藤井四段の絵も暗くなってみると雰囲気が違います。

D75_0223.jpg

舞殿の舞台では雲龍「KNOB」の演奏が始まりました。

D75_0226.jpg

この日までKNOBの事は全く知りませんでした。

D75_0227.jpg

外人のお姉さんにはわかるかな?

D75_0228.jpg

笛の音と祝詞のような歌(?)が八幡宮の境内の雰囲気と合っています。

但し、何か前衛的でもあり、あまり好みではありません。

D75_0231.jpg

蒸し暑い夜でした。

D75_0232.jpg

この歌は聞かれなくなりました。

今の子供たちは知っているのでしょうか。

D75_0233.jpg

続いています。

D75_0238.jpg

我が家は鎌倉に近いと言っても1時間はかかります。

8時過ぎになったので駅に戻りましょう。

D75_0243.jpg

ぼんぼりを見ながら戻ります。

鎌倉らしい絵ですね。

D75_0245.jpg

この方はいつもこのような文章一つです。

D75_0250.jpg

出店もいくつかありましたが客はいません。

D75_0251.jpg

去年はさくら貝の歌でした。

D75_0252.jpg

可愛い童子です。

D75_0258.jpg

入り口にあった蛭子能収さんの絵。

夜に見ると怖い絵ですね。

D75_0260.jpg

まだまだたくさんの人が居ました。

D75_0261.jpg

鎌倉駅に向かいます。

昼は賑わう小町通りも夜8時過ぎにはこんな状態です。

D75_0265.jpg

今年のぼんぼり祭りは終わりました。

来年の立秋は8月7日のようです。

来年も8月6日から8月9日に開催されるでしょう。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(82)  コメント(26) 

ぼんぼり祭り(日没まで②) 8月18日(金) [鎌倉の寺社]

昨日はほんの一瞬太陽の光が見えましたが、相変わらずの曇天が続いています。

蒸し暑く、まだ梅雨状態です。

いつまで続くか先が見えません。



鶴岡八幡宮の夏の風物詩、ぼんぼり祭りの続きです。

舞殿前に整列した海上自衛隊横須賀基地の音楽隊の演奏が始まりました。

5時過ぎですので、曇り空でもまだ明るいです。

D75_0146.jpg

耳は吹奏楽に向けながら、他のぼんぼりを見て回ります。

一部前回の記事とダブるかもしれません。

ハスを淡い色で表現していますね。

D75_0144.jpg

夏らしい絵です。

D75_0147.jpg

演奏を聴く人が階段に座って、ぎっしりです。

D75_0149.jpg

これはおそらく「幸来夢」でしょう。

D75_0150.jpg

日本画家、平松礼二さんのハスです。

D75_0153.jpg

行き詰ってもあきらめないようにしましょう。

D75_0158.jpg

係りの人と談笑でしょうか。

D75_0160.jpg

演奏はポピュラー曲を中心に続いています。

D75_0162.jpg

浴衣姿のお嬢さん、スマホで写真を撮っています。

D75_0166.jpg

舞殿の横には浄智寺朝比奈住職、禅語の「両忘」の書です。

D75_0163.jpg

八幡宮総代石山陽さん

「両忘」に相通じるものがあります。

D75_0170.jpg

光明寺住職の書

この言葉、胸の中にも刻んでおきましょう。

D75_0164.jpg

大竹五洋(美人画家)さんの絵です。

D75_0176.jpg

演奏も次々と楽しいメロディーが続きます。

D75_0167.jpg

大きいスーザホンも女性が演奏していました。

体格も良かったです。

D75_0169.jpg

一通り演奏が終わり最後は軍艦マーチで終了しました。

D75_0172.jpg

6時頃演奏が終了しました。

小林亜星の曲メドレーで張り切っていたスーザホン奏者の人です。

似ているでしょ。(本物ではありません)

D75_0174.jpg

日が暮れてきました。

D75_0189.jpg

6時半近くになり、境内に「職員はぼんぼりに火をつけてください」とのアナウンスが流れました。

巫女さんも「職員」なんですね。

D75_0180.jpg

ろうそくの火を持って階段を上がります。

同時に境内にある300近くのぼんぼりに火をつけるので何人いるでしょう?

D75_0181.jpg

火をつける瞬間にはカメラを持った人が囲みます。
(私もその一人ですが・・)

D75_0182.jpg

こうして一つ一つ明りが点いて行きます。

D75_0186.jpg

ぼんぼりに火がともりました。

D75_0196.jpg

次回に続きます。

次回は暗くなってからの写真です。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(69)  コメント(19) 

ぼんぼり祭り(日没まで①) 8月16日(水) [鎌倉の寺社]

梅雨のような日が続いています。

週末まで続きそうです。



我が家の臨時保育園は無事終了しました。

残念ながら天気が悪く、買い物以外ほとんど出かけることが出来ませんでし。

もっぱらトランプで過ごしました。

小学校1年生と2歳の女の子です。

D75_0330.jpg



前記事の続きです。

前記事では鶴岡八幡宮のぼんぼり祭りダイジェストでした。

今回から3回にわたりもう少し内容をご紹介します。

前回の記事と多少ダブるところがありますがご容赦ください。

東京駅ステーションギャラリーで不染鉄の展覧会を見て横須賀線に乗り鎌倉に向かいました。

鎌倉駅に着いたのは午後4時半頃でした。

D75_0107.jpg

小町通は通らずに段葛を進みます。

D75_0111.jpg

夕方からお出かけは浴衣姿が多いです。

D75_0109.jpg


ぼんぼり祭は、毎年8月に立秋の前日から9日までの3日間(年により4日間)行われます。
鎌倉の夏の風物詩ともいえるお祭です。
立秋の前日には夏の祓いである夏越祭、立秋当日には暦の上での秋の訪れを奉告する立秋祭、
そして源実朝公の誕生日である9日には実朝祭が執り行われます。
鎌倉在住の文化人をはじめ各界の著名人に揮毫いただいた書画約400点がぼんぼりに仕立てられます。
夕刻になるとぼんぼりに灯りがともされ、境内は夜まで賑わいます。
(ネット資料より)

今年は4日間行われる年で、私が行ったのは3日目の8月8日でした。

翌日の案内が貼ってあります。

D75_0112.jpg

早速見ていきます。

一番最初にあったのは蛭子能収さんの絵でした。

毎年の常連です。

D75_0113.jpg

書いてある通り、涼しそうなぼんぼりです。

D75_0115.jpg

綺麗な女性ですね。

D75_0119.jpg

風刺画のような物もあります。

D75_0120.jpg

こちらも漫画家ですね。

D75_0123.jpg

この人の絵は去年はテニスの錦織でした。

今年は藤井四段でした。

D75_0124.jpg

「琥珀の夢」、日本経済新聞に連載中ですね。

サントリーの創業者鳥居信治郎の物語です。

D75_0126.jpg

竹中直人、毎年こんな絵です。

D75_0128.jpg

絵と文の組み合わせもいいですね。

D75_0129.jpg

円覚寺、横田管長の絵入りのぼんぼりです。

D75_0154.jpg

鎌倉の友禅染織作者坂井教人さんの作品です。

D75_0132.jpg

この方(中島千波)も常連です。

D75_0135.jpg

養老先生はいつも虫です。

D75_0136.jpg

石原伸晃、こちらも常連です。

D75_0137.jpg

五時前になり、舞殿の前には海上自衛隊横須賀基地の音楽隊が並びました。

D75_0141.jpg

続きは次回に



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(79)  コメント(25) 
前の10件 | - 鎌倉の寺社 ブログトップ