So-net無料ブログ作成

松江へ帰省(最終) 4月4日(火) [旅行]

東京では桜の満開が発表されましたが、それほど咲いているようには思いません。

桜の満開を発表するというのは去年もしていましたかね。

昨日、都内のあるところに出かけました、満開近く咲いてる木ありますが、全般的にはまだですね。

風はまだ冷たいですが、晴天で暖かい日でした。

今朝も比較的暖かく、朝陽が射し込んできました。(5:40頃)

++++++++++++++++++++++++

境港の続きです。

水木ロードも終りになったので引き返します。

記念館がありましたが時間がないので入りませんでした。

D71_9981.jpg

これは団子のような物でした。

350円は高いな。

D71_9980.jpg

こんなTシャツもあります。

D71_9982.jpg

これは~~孫のお土産? 買いませんでした。

D71_9984.jpg

休憩所は閉まっていましたが、中に入るのは躊躇います

D71_9987.jpg

ブロンズ像とは違い、リアルですね。

D71_9991.jpg

「サラリーマン山田」・・・妖怪ではなく、人間です。

D71_9985.jpg

どんな髪型になるでしょうか。

(鬼太郎カットなんてあるのかな?)

D71_9992.jpg

「ねずみ男」

この前で写真を撮る人が多いです。

D71_9995.jpg

横道の奥には船が見えたので、ちょっと道から外れます。

巡視船でした。

D71_9997.jpg

元に戻ったところにあったのが妖怪広場

D71_9999.jpg

外灯も目玉です。

D71_9998.jpg

カッパとタヌキがお酒を飲んでいます。

通りの向かいには造り酒屋さんがあります。

D71_0001.jpg

何かが上から覗いています。

D71_0003.jpg

当初、あまり興味のなかった「ゲゲゲの鬼太郎」でしたが、楽しんできました。

D71_0002.jpg

米子空港へ行かなければいけません。

ちょうど列車があるので、発車間際に飛び乗りました。

天井はねずみ男

D71_0004.jpg

座席のシートもねずみ男です。

D71_0005.jpg

途中駅ではドアが一か所しか開かないというので、前の車両に移動しました。

扇風機の付いた車両です。

D71_0006.jpg

こちらは猫娘です。

D71_0007.jpg

座席のシートも猫娘。

生地は特注品でしょうね。

D71_0008.jpg

米子空港まで約15分、下車しました。

D71_0009.jpg

運転手用のミラー

D71_0011.jpg

ドアが閉まりました。

D71_0010.jpg

発車しました。

D71_0012.jpg

列車は空港端のカーブを曲がり、米子駅に向かって走っていきました。

D71_0013.jpg

徒歩数分で米子空港です。(米子鬼太郎空港と言う名前が付いています)

D71_0015.jpg

こんな席でした。

米子空港には、韓国の航空会社が乗り入れています。

米子は晴れてよい天気でした。

D71_0018.jpg

羽田空港に着いた時には雨でした。

ローカル線なので空港内はバス送迎でした。

バスの窓を通した写真ですので色が違います。

D71_0019.jpg


++++

松江のお菓子のご紹介

今回はこの菓子です。

D71_0028.jpg

このお菓子はあまり見かけないお菓子です。

himekosode1007.jpg

昔からあるお菓子のようですが、実際に手に入るようになったのは10年ぐらい前かと思います。

昔は小さな目立たないお菓子屋さんでした。(私の記憶)

このお菓子の木型が見つかり、復刻したお菓子です。

その後、有名になり現在に至ってます。

himekosode1008.jpg

こんなお菓子です。

D71_0029.jpg

二つに割ると中はこうなっています。

D71_0030.jpg

このお菓子は取り寄せが出来ます。

「姫小袖」で検索するとわかります。

抹茶にもよく合います。

D71_0032.jpg



今回の旅は、3週間前の予約で、飛行機&ホテル2泊で5万円でした。(ANAの旅作)
(ホテルはエクセル東急松江でした)

出雲空港、米子空港どちらもバスで50分ぐらい

羽田から、各5便ありますので、毎日10便あります。
(出雲・・JAL、米子・・ANA)

とても便利ですのでお出かけください。



3月24日~26日の帰省の記事はこれで終わりです。



本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(78)  コメント(28) 

松江へ帰省(三日目) 4月2日(日) [旅行]

もう四月と言うのに昨日も寒い一日でした。

「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉は全く当てはまらない年ですね。

帰省の記事が続きます。

3日目、帰る日です。(3月26日)

午後の便なのでゆっくりとした朝です。

散歩がてら出かけました。

柳が芽吹いた松江大橋です。

D71_9941.jpg

わざわざ出かけたのは、桜もちを買うためです。

当日でないと美味しくありません。

下の写真は帰ってから撮った写真です。

D71_0021.jpg

松江の町は宍道湖と中海をつなぐ川で、南北に分かれていて、いくつかの橋があります。
(左から宍道湖大橋、松江大橋、新大橋、くにびき大橋)
現在は中海寄りにさらに二つの橋があります。

この橋は、下の図の左から二番目の橋です。

私が松江に住んでいた頃は松江大橋と新大橋しかありませんでした。

map.jpg

幼少のころはこの橋の近くに住んでいましたので昔からなじみのある橋です。

D71_9944.jpg

約400年前、松江城が出来るころ、橋の工事で人柱になった足軽源助の石碑が立っています。

D71_9945.jpg

駅前のホテルに戻って、駅前からバスに乗りました。

約40分後にこちらに着きました。

D71_9950.jpg

水木しげるの故郷、境港市です。

境港は数週間前に出雲在住の、みゃーちゃんさんがブログに掲載されていました。
(参考にさせていただきました)

D71_9946.jpg

駅前にあったブロンズ像は妖怪ではありません。

水木しげる夫妻。

D71_9949.jpg

アッ!ポストの上にいました。

D71_9948.jpg

ハイ!今は十分、なまけ者になりました。

D71_9952.jpg

こちらは仕事中の姿です。

D71_9947.jpg

日曜日でしたので、多くの人が来ていました。

D71_9955.jpg

通りの両側には妖怪たちのブロンズ像が並んでいます。

100体以上あるそうです。

1954年に紙芝居から始まった妖怪作品は、ほとんど読んだことがないので妖怪の名前は知りません。

変な漫画だな~と思ったことぐらいです。

以下の写真の妖怪名は調べたものです。

「豆腐小僧」

D71_9951.jpg

「家鳴り」

D71_9956.jpg

私はこっちの方がいいです。

D71_9957.jpg

「?」

D71_9960.jpg

「鬼太郎」

D71_9964.jpg

ツーショットを撮る人

D71_9961.jpg

「鬼太郎の下駄」

D71_9963.jpg

鬼太郎のあやかりグッズが満載です。

D71_9962.jpg

店も怪しげな店名です。

D71_9967.jpg

品名も!

D71_9968.jpg

足元にもいます。

「一反木綿」

D71_9966.jpg

「ねずみ男」

みんなが触るので手が光っています。

D71_9970.jpg

「石見の牛鬼」

怖そうですね。

D71_9969.jpg

こんなところに「油すまし」

D71_9972.jpg

銀行のキャッシュコーナー

注意書きが面白いです。

D71_9974.jpg

随分人が増えました。

D71_9975.jpg

下駄屋さんの店頭

この大きな下駄が6800円ではありません。

一本歯の下駄の値段です。

D71_9977.jpg

こちらは3500円です。

D71_9978.jpg

境港市は松葉ガニが水揚げされるなど漁港として有名です。

水木ロードは大きな観光スポットになりました。

D71_9976.jpg

500m余りでおしまいです。

D71_9979.jpg

次回に続きます。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(86)  コメント(30) 

松江へ帰省(続き) 3月31日(金) [旅行]

一昨日から急に暖かくなりました。

桜の花も本格的に咲きだしました。

D71_0034.jpg
(昨日撮影の近所の桜)

++++

前記事の続きです。

松江城の見えるお堀まで来ました。

D71_9876.jpg

せっかく来たのでお城に行ってみます。

裏の方から入ります。

二の丸広場です。

D71_9879.jpg

観光客の人はほとんど通らない北の門から入ります。

D71_9880.jpg

表から入る時に見る石垣は積み直されてきれいに揃っていますが、以前はこんな石垣でした。

D71_9882.jpg

この階段も昔の階段だと思います。(築城の時からの階段かどうか知りません)

D71_9883.jpg

簡単には入れないよう何回か角を曲がります。

D71_9884.jpg

門が見えてきました。

D71_9885.jpg

本丸の広場が見えます。

D71_9886.jpg

天守閣の下に着きました。

桜が綺麗なところですが、まだ咲いていません。

D71_9887.jpg

ほんのりピンク色の蕾が見える程度です。

D71_9888.jpg

土曜日でしたので、観光客もそこそこの人数です。

D71_9889.jpg

行った日(3月25日)から毎年行われるお城まつりが始まりました。

D71_9898.jpg

仮設テントの中では桜もちを作っています。

D71_9894.jpg

早速頂きました。

抹茶とセットで400円です。

D71_9891.jpg

こんなところでお城を眺めながらいただきました。

D71_9892.jpg

桜が咲いておれば申し分ないのですが、止むをえません。

D71_9895.jpg

本丸から下りて表門に向かいます。

お城まつりのため、露店が出ていました。

D71_9897.jpg

大手前のお堀に着きました。

左の建物は島根県庁です。

D71_9900.jpg

この後所用でこんなところに行きました。

D71_9901.jpg

用事が終わり、知人と宍道湖畔の喫茶店で歓談。

夕方に近くなったのでホテルまで送ってもらいます。

D71_9905.jpg

ホテルに戻ってから、ひょっとしたら夕焼けが見えるかもと思い宍道湖畔に出かけました。

残念ながら雲が出ていましたが、何とか間に合いました。

D71_9907.jpg

カイツブリが数羽水面から潜ったり浮かんだりしていました。

D71_9912.jpg

風もなく穏やかな日でした。

水面も赤くなりました。

D71_9913.jpg

八雲立つ 出雲八重垣妻ごみに 八重垣作る その八重垣を」を思い起こさせる雲が出ていました。

D71_9917.jpg

この光景にカメラを向けている人。

D71_9935.jpg

かなり暗くなりました。

D71_9931.jpg

夕焼けを見るカップル

D71_9933.jpg

こちらもカップル?

D71_9918.jpg

秋の夕焼けも綺麗ですが、3月にこの夕焼けが見えるとは予想しませんでした。

D71_9919.jpg

暗くなるとさすがに寒くなりました。

いいチャンスに恵まれました。

D71_9932.jpg

せっかく晴れて暖かくなったなのに、今日は曇天、明日はまた寒くなるそうです。

今年の天気は何か変ですね。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(87)  コメント(28) 

松江へ帰省 3月29日(水) [旅行]

一昨日は冷たい雨の一日でした。

昨日の朝は晴れて、雪化粧の丹沢の山が見えていました。

昨日から暖かくなるような予報でしたが、それほどでもありませんでした。

D71_0025.jpg

先日、所用があり、彼岸の墓参りを兼ねて帰省してきました。

24日(金)朝9:30羽田発米子行の飛行機に乗りました。

主翼の上あたりで下の景色はあまり見えません。

D71_9821.jpg

真下に貨物室があり積み込み作業中です。

黄緑色のベストを着ている体格の良い人の指図で積み込んでいきます。

この人は女性でした。

D71_9822.jpg

前記事にも触れましたが、富士山の北を通り、琵琶湖方面に向かっています。

下の山々は雪に覆われています。

D71_9823.jpg

この日は西からの強い風に向かっていたので、約10分遅れで飛行していました。

米子空港が見えてきました。

大きく旋回します。

大山(だいせん)の姿が見えます。

D71_9828.jpg

着陸しました。

D71_9829.jpg

バスで松江まで45分。

この日は兄、姉の家へ行きました。

++++++

翌日、まずお墓参りに向かいます。

花屋さんで花を買いました。

D71_9836.jpg

途中で見た木蓮の花。

横浜と1週間から10日違います。

D71_9831.jpg

5分ほどでお寺に着きました。

D71_9840.jpg

臨済宗のお寺です。

D71_9841.jpg

風は冷たく感じましたが、よい天気で寒くはありませんでした。

D71_9842.jpg

お墓参りを済ませ、付近を散策します。

楕円で囲った辺りです。

観光客が通るところではないので静かです。

matue.jpg

小さな路地を入り、こんなところに出てきました。

D71_9846.jpg

昔からある醤油屋さんです。

D71_9847.jpg

周辺には醤油の匂いが立ち込めています。

D71_9848.jpg

白壁のままだと絵になりますが・・

D71_9849.jpg

この電線も邪魔ですね。

D71_9859.jpg

近くに千手院と言うお寺があります。

D71_9858.jpg

お城の北東に当たるため、鬼門封じのお寺として、1607年に建てられました。

D71_9854.jpg

ここの桜も綺麗ですが、まだまだです。

D71_9852.jpg

枝垂れ桜の古木もあります。

D71_9857.jpg

こちらもまだ固い蕾です。

D71_9856.jpg

散策を続けます。

この散髪屋さんは私が中学の時に行っていました。

代替わりしているでしょうが、まだ健在です。

D71_9860.jpg

松江市内には造り酒屋はいくつかあります。

その内の一つ李白酒造です。

D71_9862.jpg

重くなるのでお酒は買いませんでした。

D71_9861.jpg

11時過ぎでしたが、少し早目の昼食にします。

D71_9867.jpg

昔からある蕎麦屋です。

割りご蕎麦を食べることが多いですが、今回は釜揚げ蕎麦を注文しました。

D71_9865.jpg

汁はゆで汁をそのまま使っています。

味はついていますが、薄ければ出汁を追加してくださいとのことでした。

D71_9866.jpg

店を出て更に散策を続けます。

昔からある魚屋さん。

D71_9834.jpg

昔のまま残っているところもありますが、歯抜け状態のところも沢山あります。

D71_9874.jpg

歩いているうちに、お城の見えるお堀端に出ました。

今は、この堀川めぐりの船の中にはコタツが入っています。

D71_9878.jpg

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


タグ:松江
nice!(87)  コメント(26) 

ちょっと神戸へ(続き) 3月15日(水) [旅行]

昨日は寒い一日でした。

天気予報では今朝、雪が降るようなことを言っていました。

現在3月15日の5時過ぎですが、それほど寒くもなく、雪は降っていません。



前記事の続きです

須磨寺にお参りして食事に向かったのは13時頃でした。

山陽電車の須磨寺駅に続く商店街を駅に向かっていきます。

商店街の入り口にこんな物がありました。

D71_9565.jpg

そして駅前のお寿司屋さんに、

D71_9576.jpg

お昼のピークを過ぎた所ですぐに座れましたが、ご飯が足らなくなって少し待つことになりました。

D71_9566.jpg

店内は木を基調とした和風です。

D71_9567.jpg

太い柱にはひょっとこの面
(暗かったのでぶれました)

D71_9569.jpg

こちらの柱にはおかめの面が飾ってあります。

D71_9568.jpg

そしてこんな言葉が

D71_9570.jpg

二十代は美しく
三十代は強く
四十代は賢く
五十代は豊かに
六十代は健やかに
七十代は穏やかに
八十代は和かに
九十代は愛らしく
そしていぶし銀の様に美しい百代へ

皆さん心がけましょうね。

注文の品が出来ました。

アナゴの押しずし
アナゴの海苔巻き
穴キュウ巻き
左下は、しめさばの上に酢と柚子の味がするおからがのっています。

D71_9572.jpg

海苔巻きはご飯より具が多いです。

D71_9574.jpg

アナゴもご飯にいろいろなものが混じっています。

全般的には、味が濃いお寿司でした。

腹いっぱいになりました。

D71_9575.jpg

++++++++++++++++++++++++

その後いろいろ用事があり、夜になりました。

私はホテルに向かいます。

D71_9580.jpg

ここは神戸ではありません。

D71_9581.jpg

ねぎ焼きのやまもとは相変わらず行列でした。

東京にも数件ある「がんこ」の総本店が見えます。

昔(約40年前)はこの辺りでよく飲みました。

D71_9584.jpg

翌朝、阪急電車の駅に向かいます。

駅までの途中ここに立ち寄ります。

通ったのは、まだ朝8時過ぎですよ!!

D71_9589.jpg

ここはみたらし団子、酒饅頭、焼きもちなど、よく買ったところです。

お姉さんがみたらし団子を作っています。

持って帰るのでみたらし団子は買わずにおもちを買いました。

D71_9588c.jpg

何処の駅かと言うとこの駅です。

D71_9591.jpg

電車が来ました。

D71_9594.jpg

15分ぐらい乗って下車しました。

阪急電車もこんなラッピング電車があるんだ!
(宝塚には手塚治虫記念館があります)

D71_9593.jpg

下車した駅は蛍池です。

モノレールに乗り換えです。

D71_9595.jpg

私がこの駅を利用していたころはバスしかありませんでした。

D71_9597.jpg

一駅なので数分です。

D71_9600.jpg

大阪空港に着きました。

D71_9601.jpg

どうしてこんな字体にしたのでしょう。

C国の空港みたいでいやですね。

D71_9602.jpg

ここで私とは別行動をしていた息子と合流しました。

羽田と違い、人は少ないです。

D71_9603.jpg

離陸して旋回中です。

大阪空港はこんな街中にあります。

D71_9605.jpg

富士山が見えて来たらもうすぐ着陸です。

D71_9610.jpg

今回は遊びではなかったので、とんぼ返りの二日でした。

帰宅してから、十三の喜八州の焼きもちを食べました。
(鉄板の上で焼きながら売っていますが、持って帰るので焼いていないものを買いました)

D71_9611.jpg

餡子が柔らかいのでこんなことになりました。

D71_9614.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(84)  コメント(26) 

ちょっと神戸へ 3月13日(月) [旅行]

桜の開花予想も10日後になっているのにまだ寒い日が続いています。

花たちは決まったように芽を出し、花が咲き始めています。

2日前に今年初めてウグイスの声を聴きました。

土筆の姿も見ました。

もうしばらくの辛抱です。



3月4日の朝早く、家を出ました。

D71_9537.jpg

羽田から約1時間、大阪空港に着きました。

D71_9538.jpg

車で阪神高速を西へ走ります。

D71_9539.jpg

着いたところはこちらです。

D71_9564.jpg

真言宗須磨寺派大本山の「須磨寺」です。

神戸の西で明石に近いところです。

Achizu.jpg

赤い龍華橋(りゅうげばし)の先には、仁王門がありました。

D71_9561.jpg

大きな仁王が入っています。

吽形像

D71_9562.jpg

阿形像

D71_9563.jpg

正式名は上野山福祥寺ですが、古くから須磨寺と呼ばれています。

源平の一の谷の合戦はこのお寺の近くで行われたと言われています。

源平ゆかりのお寺としても知られています。

D71_9578.jpg

開基は仁和二年(西暦886)でご本尊は「聖観世音菩薩です」

D71_9559.jpg

正月は初参りの人で賑わうようです。

おみくじを結ぶところですが、干支毎に場所が決まっています。

D71_9560.jpg

三重塔は3年前に改修されたそうで色が鮮やかです。

D71_9557.jpg

お坊さんが忙しそうに歩いていました。

D71_9558.jpg

この日の用事は、ここで読経をしてもらい、お参りしました。

D71_9546_01.jpg

終ってから元に戻ります。

途中小さな石仏が沢山並んでいました。

D71_9551.jpg

花も活けてあります。

D71_9552.jpg

かなり古い物の様です。

D71_9553.jpg

こんなところもありました。

D71_9579.jpg

三猿はよく見聞きしますが、五猿とは初めて聞きました。

D71_9554.jpg

この後、昼食に向かいました。

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。

D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


タグ:須磨寺
nice!(96)  コメント(28)