So-net無料ブログ作成
検索選択

6月の北鎌倉(円覚寺) 6月7日(水) [鎌倉の寺社]

6月1日、久しぶりに北鎌倉を訪ねました。

前回来たのは桜が咲いている時期でした。

この日は朝4時ごろに雷と共に強い雨が降りました。

8時半ごろに着きましたが雨は上がっており、しっとりした境内でした。

D71_1140.jpg

雨に洗われて空気が綺麗になり、とても落ち着いた雰囲気でした。

木々の葉には水滴が付いたままです。


D71_1141.jpg

上から水滴が垂れてきます。

D71_1143.jpg

まだ人は多くなく静かな境内です。

D71_1144.jpg

前回お参りした時は仏殿の工事中で中に入れませんでした。

工事終了後から、入り口で靴を脱ぎスリッパで入るように変更されました。

以前のように座って宝冠釈迦如来を見ることが出来ません。

D71_1185.jpg

左右の菩薩様にもお会いします。

D71_1148.jpg
D71_1149.jpg

以前から奥の方にあったのですが、照明が点けられました。

達磨大師坐像(左)と無学祖玄禅師坐像(右)です。

D71_1146.jpg

境内を回ります。

居士林前のモミジも新緑からさらに緑が濃くなってきました。

D71_1151.jpg

宗務所前の竹も綺麗です。

D71_1152.jpg

アッ!イワタバコが咲いていました。

D71_1154.jpg

こちらも

D71_1181.jpg

この日から円覚寺夏期講座が始まっており、大方丈から横田管長の法話が聞こえていました。

D71_1155.jpg

朝の雨はかなり降りました。

D71_1156.jpg

白いツツジもかわいそうなぐらいびしょぬれです。

D71_1157.jpg

黄梅院前の今月の言葉です。

D71_1160.jpg

黄梅院の中もひっそりとしています。

D71_1161.jpg

これは、以前の「居士林だより」に名前が載っていましたが忘れました。

D71_1162.jpg

これはキョウガノコ(京鹿子)かな?

D71_1164.jpg

ムラサキツユクサですね。

D71_1166.jpg

紫陽花もまだこんな状況でした。

D71_1167.jpg

ユキノシタはあちこちにありましたが、かなり散っていました。

D71_1168.jpg

雨上がりだと、見える景色がなんとなく新鮮な気がします。

D71_1169.jpg

歩いていると、上からしずくがポタリ

D71_1174.jpg

円覚寺の紫陽花もこれからです。

D71_1175.jpg

居士林の横では、

D71_1180.jpg

上を見ると、梅の実が沢山生っています。

もうすぐすると、収穫されて、僧堂では梅干づくりが始まります。

D71_1184.jpg

境内がにぎやかになってきました。

D71_1186.jpg

団体です。

外では観光バスが3台ほど止まっていました。

D71_1188.jpg

この時、午前9時半頃です。

この日は明月院と東慶寺に友人を案内する予定でした。

この後10時頃から明月院に向かいました。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

タグ:円覚寺
nice!(85)  コメント(35) 

中山道歩き26の4(2017/5/8) 6月5日(月) [中山道を行く]

昨日までの週末(3日、4日)は晴天に恵まれ、観光スポットは賑わったようです。

私も河口湖の方へ行きましたが、あちこちで渋滞していました。

+++++++++ 前記事の続きです ++++++++

木曽路も終わり、いよいよ美濃路に入ります。

前記事の最後の写真ですが、この字は島崎藤村が書いたものです。

DSC_2007.jpg

すぐ近くに一里塚跡がありました。

TDSC_2008.jpg

江戸から83番目の一里塚です。

TDSC_2009.jpg

ここから、石畳の道になります。

TDSC_2012.jpg

ここの石畳は840mほど続き、その内の3か所が昔のままの石畳です。

Tnakasen264.jpg

写真は撮っていませんが、非常に歩きにくい部分がありました。
(おそらくそこが昔の石畳だと思われます)

TDSC_2014.jpg

途中にお茶屋がありました。

山のうさぎ小屋とあるので昔からの物ではなさそうです。

TDSC_2015.jpg

更に石畳の道を下ります。

石畳の道は足に堪えます。(特に下り坂)

TDSC_2017.jpg

約1km近くの石畳を下りると、医王寺というお寺がありました。

TDSC_2019.jpg

本尊は薬師如来で、山中薬師とも呼ばれています。

TDSC_2018.jpg

しばらく急な下り坂が続きます。

TDSC_2020.jpg

下り坂の途中から見たと思われる歌川広重の版画です。

44_ochiai.jpg

下り坂が終わり、川を渡ります。

落合宿と反対側の景色です。

DSC_2021.jpg

ここから上り坂になります。

途中でみた石仏、ほとんど見捨てられたような感じです。

TDSC_2022.jpg

中央高速の赤い橋が見えます。

TDSC_2024.jpg

しばらく進むと、落合宿の常夜燈に着きました。

落合宿には4基の常夜燈があったそうですがこれだけが往時の場所にあるそうです。

TDSC_2025.jpg

落合宿の町並みですが、昔の宿場町を想起させるものではありません。

TDSC_2026.jpg

右側に大きな家が見えています。

TDSC_2027.jpg

落合宿の本陣跡です。

門の扉は昔の物だそうです。

TDSC_2028.jpg

さらに進んでいくと桝形の角に道路に被さる様に松の木が張り出していました。

「門冠の松」というそうです。

TDSC_2030.jpg

角を曲がって進んでいきます。

TDSC_2031.jpg

国道の上を渡ります。

TDSC_2032.jpg

道路を見れば間違っていないかわかります。

TDSC_2033.jpg

この先でこんなところに出ました。

路面は普通の舗装道路です。

しかし、左に曲がるところに案内があります。

TDSC_2034.jpg

今度は国道の下をくぐります。

TDSC_2035.jpg

くぐった後にものすごい急な坂が待っていました。

スキーのジャンプ台を思わせるような坂を上っていくので、上るだけで精一杯です。
(ということで写真はありません)

上りきったところに、与坂の立場跡がありました。

昔はここに越前屋という茶屋があり、賑わったと言われます。

TDSC_2036.jpg

そこを過ぎると、今度は逆に急な下り坂になります。

この下り坂も上って来た時と同じような坂でした。

TDSC_2038.jpg

下り坂が終わったところに、子野の一里塚跡がありました。

TDSC_2039.jpg

下り坂はまだ続いて行きました。

TDSC_2041.jpg

小さな広場があり、鯉のぼりがたくさん泳いでいます。

この日は5月8日です。

TDSC_2042.jpg

しばらく行くと大きな枝垂れ桜が見えます。

これが咲いていたら見事でしょうね。

TDSC_2043.jpg

ここには地蔵堂が立っていたそうですが今はありません。

多くの石仏が立っていました。

TDSC_2046.jpg

その後国道を地下道で渡り、上金という地区に来ました。

TDSC_2049.jpg

ここにも白木改番所があったようです。

木曽の木材は厳しくチェックされていたようです。

TDSC_2051.jpg

中津川に近づきました。

バイパスが出来る前の国道(?)の上を通ります。

TDSC_2054.jpg

高札場が復元されています。

中津川宿の始まりです。

TDSC_2057.jpg

しばらく行くと新町と言う交差点に来ました。

この先が宿場の中心地ですが、この日は右に曲がって駅に向かいます。

駅に着いた時に特急が来ましたが、間に合いませんでした。

17:35の電車で名古屋へ行き、

名古屋から新幹線で新横浜に着いたのは20時半頃でした。

5月7日、8日の中山道の記事は今回で終了します。



今までのまとめはこの表のとおりです。

今回は緑の部分です。

5月26日と27日に歩いていますが、後日記事アップします。
(黄色の部分です)

0605xx.jpg

次回は6月1日の北鎌倉周辺です。

本日もご訪問ありがとうございました。



Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6

nice!(84)  コメント(28) 

中山道歩き26の3(2017/5/8) 6月3日(土) [中山道を行く]

一昨日、久しぶりに北鎌倉駅へ行き、円覚寺、明月院、東慶寺にお参りしました。

円覚寺は観光バスも2台止まっていて、中学生の団体が来て賑やかでした。

明月院通りは6月に入ったので、警備の人が二人ほど立っていました。

菖蒲庭の公開がこの日から始まってきれいな菖蒲の花を見てきました。

東慶寺では、イワガラミの公開をしていました。

イワタバコは少し早いようでした。

後日アップします。

*************


0603title.jpg

前記事では、妻籠から馬籠峠まで上り、岐阜県に入りました。

馬籠宿は以前、長野木曽山口村であったけれど、中津川市と合併し岐阜県になりました。

岐阜県には17の宿場町があり、距離は約120kmです。

DSC_1963.jpg

馬籠峠から少し歩き、右の細い道に入っていきます。

DSC_1964.jpg

集落の中の坂道を下って行きます。

DSC_1967.jpg

下り坂が続きます。

DSC_1968.jpg

後ろから来た、数人のグループに追い抜かれました。

殆ど夏姿です。

DSC_1970.jpg

私はこんな姿です。

馬籠宿まで1.6kmもうすぐです。

DSC_1971.jpg

峠の集落を抜けたあたりに、十返舎一九の狂歌碑が目に入りました。 

「渋皮の剥(む)けし女は見えねども栗のこはめしここの名物」

DSC_1972.jpg

突然、きれいな花が現れました。

DSC_1975.jpg

ここの横に蕎麦屋さんがあり、ちょうどお昼でしたので昼食休憩にしました。

lunchi.jpg
(グーグルのストリートビューより拝借)

昼食休憩の後、12:40頃出発しました。

DSC_1976.jpg

田んぼには水が入っていました。

DSC_1978.jpg

馬籠宿の手前に展望が良い所がありました。

休憩所もあります。

DSC_1982.jpg

ここからは恵那山(標高2191m)の眺めが綺麗でした。

DSC_1980.jpg

ここを過ぎると馬籠宿に入ります。

ゴールデンウィークが終わった翌日ですので、人は多くありません。

DSC_1983.jpg

馬籠宿は明治時代と大正時代の火事ですべて焼失し、現在の建物は復元されたものです。
(Wikipediaより)

DSC_1984.jpg

小ぎれいな店が多く、妻籠宿と対照的な気がします。

DSC_1985.jpg

かなり急な坂に町並みは続いています。

DSC_1986.jpg

道の両側は土産物屋さん等が多いですが、史料館なども多いです。

脇本陣史料館です。

DSC_1987.jpg

本陣跡の横にある土産物屋さん、こんなに店の前が広いと旧宿場町の雰囲気が出ませんね。

DSC_1988.jpg

本陣跡は藤村記念館になっていました。

DSC_1989.jpg

宿場町は続いています。

DSC_1990.jpg

ここに泊まったのでしょうか、大きな荷物を持って観光です。

DSC_1991.jpg

坂道なので遠景も見ながら下りて行きます。

DSC_1993.jpg

桝形の横には水車が回っていました。

DSC_1994.jpg

ここを過ぎると宿場町のはずれになります。

DSC_1995.jpg

ここを直進すると急に長閑な田園地帯になりました。

DSC_1996.jpg

恵那山も見ることが出来ます。

DSC_1997.jpg

前日、出会った人が、「中津川まで道の色が違うので迷うことはない」と言ってました。

DSC_2000.jpg

馬籠峠を越えてからもこの舗装だったような気がします。

この舗装は中津川を越えて恵那市まで中山道だけこの舗装でした。

DSC_1999.jpg

長閑な風景を見ながら進んでいきます。

DSC_2001.jpg

所々に小さな集落があります。

DSC_2002.jpg

新茶屋というところに着きました。

DSC_2004.jpg

この建物は民宿です。

ここに泊まるのは街道歩きの人しか泊らないと思います。
(この後すれ違った人はこの日ここに泊まると言ってました)

DSC_2005.jpg

ここは、木曽と美濃の境です。

「是より北 木曽路」の石碑が立っていました。

DSC_2007.jpg

この先は下ったり上ったりの道になります。

次回に続きます。



本日もご訪問ありがとうございました。



Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


タグ:馬籠宿
nice!(90)  コメント(28) 

中山道歩き26の2(2017/5/8)  6月1日(木) [中山道を行く]

今日から6月になりました。

アジサイの季節にもなります。

と言えば北鎌倉が混雑する月でもあります。

近所の紫陽花が色づいてきました。


D71_1139.jpg

+++++++++++++++++++++++++++++

5月24日の記事の続きです。


0603title.jpg

妻籠宿の町を過ぎると、広い道を横断します。
(前記事の最後の写真と同じです)

DSC_1909.jpg

未舗装の道に変りました。

DSC_1910.jpg

のどかな風景を楽しみながら歩きます。


DSC_1911.jpg

途中から舗装道路に変りました。

緩い坂道です。

DSC_1912.jpg

神明という集落に入り、神明茶屋という店があります。

DSC_1914.jpg

数軒の家が並んでいました。

DSC_1915.jpg

何の木でしょう、新芽がまさに出た所です。

DSC_1917.jpg

集落を抜けて進むと大妻籠の地区に入ります。

DSC_1919.jpg

ここには数件の旅籠があり、まるやは今でも泊まることが出来ます。

袖うだつ、出梁作りの建物です。

DSC_1920.jpg

集落を外れるとのんびりした道になります。

DSC_1921.jpg

妻籠  馬籠までは5.5kmあります。

この日は中津川まで行かねばなりません。

DSC_1922.jpg 

山越えの杖の返却場所です。

こんな曲った木で杖になるのか?

私は登山用のストックを持っていますので大丈夫です。

DSC_1923.jpg

いよいよ山道に入ります。

DSC_1924.jpg

最初は石畳の急な坂道です。

DSC_1925.jpg

左の崖に石像がありました。

中山道で唯一の牛頭観音です。
(馬頭観音は数え切れないほどあります)

DSC_1927.jpg

こんなに上がってきました。

DSC_1929.jpg

こういう道は足に優しいです。

DSC_1932.jpg

下り谷という集落を通ります。

DSC_1933.jpg

しばらく進むと二手に分かれます。

どちらを行っても同じようで、滝の方へ行きます。

DSC_1936.jpg

下へ降りて行くと最初にあったのが男滝です。

DSC_1938.jpg

次に女滝があります。

涼しい風で汗が引きます。

DSC_1940.jpg

滝を見てから急な階段を上り、中山道を進みます。

しばらく進み、右の方に入るちいさな橋を渡って山の中に入ります。

DSC_1942.jpg

森の中を歩き、路面は石畳に変ります。

DSC_1945.jpg

石畳を進んでいくと大きな木が見えてきました。

サワラの大木です。

樹齢300年胴回り5.5mです。

DSC_1947.jpg

森の中ですので、こんなものがありました。

時々すれ違う外国人が鳴らしていきます。

DSC_1950.jpg

森の中から出て明るくなりました。

石垣が見えます。

DSC_1951.jpg

花が沢山咲いています。

DSC_1952.jpg

ここは、一石栃の白木改番所跡です。
昔は檜の枝1本でも刻印が押されてるかどうか確かめた関所みたいなところです。

DSC_1953.jpg

枝垂れ桜など花が咲いて、桃源郷に来たような感じです。

D71_0918.jpg

休憩所があり一休みです。

中では外国人のグループが大勢休んでいました。

D71_0914.jpg

上から枝垂れ桜の枝がかぶさります。

D71_0915.jpg

とてもきれいな所でした。

枝垂れ桜はピークを過ぎて葉桜になっていました。

もう少し早ければ見事な景色になったでしょう。

DSC_1954.jpg

約15分ほどで山道は終わりです。

DSC_1958.jpg

馬籠峠に着きました。

妻籠宿の標高は約400mですので、400m上がってきました。

DSC_1960.jpg

そして、ここから岐阜県に入ります。

2015年10月11日に碓氷峠を越えて長野県に入りました。

日本橋を出てから12日目でした。

長野県内の宿場は25か所、歩いた距離は約180kmでした。
(日本橋から、約320km)

DSC_1963.jpg

次回に続きます。



本日もご訪問ありがとうございました。



Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6



タグ:馬籠峠
nice!(81)  コメント(33) 

中山道歩き26の1(2017/5/8)  5月30日(火) [中山道を行く]

先週の中盤は雨模様でしたが、土曜日から晴れの爽やかな天気が続いています。

26日(金)、27日(土)に中山道を歩いてきました。

しかし当初の計画通りには進まず、途中で止めました。

道中記は後日になります。




まだ前回の道中記が残っています。



0530title.jpg

中山道歩きの通算26日目になりました。

5月8日、妻籠宿の旅館でさわやかな朝を迎えました。

朝食前にカメラを持って散歩をしました。

妻籠宿の中心地はの略図です。

tumagomap.jpg

朝6時過ぎです。

D71_0885.jpg

すぐに脇本陣奥谷(おくや)の建物がありました。

今は博物館として利用されています。

D71_0887.jpg

立派な建物です。

D71_0907.jpg

朝日が当たってきました。

D71_0888.jpg

稲わらを編んで花が飾ってあります。

D71_0886.jpg

本陣跡ですが、まだ門が閉まっています。

D71_0889.jpg

立派な建物が並んでいます。

D71_0890.jpg

屋号がついていますが旅館ではなさそうです。

D71_0891.jpg

このまま進むと突き当りになります。

どこの宿場にもある桝形と言われる曲がり角です。
(ここは角だけでなく、階段があり、先は下がっています)

D71_0894.jpg

ツツジも咲き始めています。
(5月8日です)

D71_0895.jpg

松代屋さんは旅館です。

此の先は階段で高くなっています。

D71_0896.jpg

パンフレットなどでよく見る写真です。

階段の下から地面すれすれに撮っています。

D71_0897.jpg

人の姿はほとんど見えません。

この辺りは日本で初めて宿場保存地域に指定された寺下地区です。

D71_0898.jpg

暖簾に格子、いい風景ですね。

よく見ると小さな花瓶が藁で巻いてあります。

D71_0899.jpg

建物が途切れる辺りの建物の屋根です。

昔はこういう屋根だったようです。
(今まで通ってきた宿場でもいくつか見ました)

D71_0904.jpg

引き返します。

D71_0902.jpg

途中、光徳寺(1500年開山)というお寺に立ち寄りました。

臨済宗のお寺で立派なお寺でした。

D71_0906.jpg

旅館に帰る途中で見かけた、大きな釜、鍋です。

何時頃使われていたものかわかりません。

D71_0908.jpg

昼間は人がたくさん来るでしょうが、とても静かな宿場町をカメラに納めることが出来ました。

D71_0910.jpg

そろそろ朝食の時間です。

旅館に戻りました。

D71_0912.jpg



朝食後、支度を整えて8時半頃出発しました。

この方とお話しすると、「今日は花まつりなので花を活けている」との事。

ここでは花まつりも月遅れだそうです。

DSC_1903.jpg

朝、散歩した道を進みます。

本陣の門は開いていました。

復元された本陣は島崎家が務めました。(島崎藤村の母の生家)

DSC_1905.jpg

先へ進みます。

家並みが切れました。

DSC_1906.jpg

しばらく行くと、関西電力の発電所がありました。

木曽川水系の発電所は関西電力の発電所で関西地方に送電されているそうです。

DSC_1907.jpg

先に進むともう宿場町ではなく、山道に入ります。

DSC_1909.jpg

この日の予定は馬籠峠を越えて、落合宿、中津川宿に向かいます。

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。



D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR
Nikon 1 V2
1 NIKKOR  10-30mm f3.5-5.6


nice!(84)  コメント(30) 

お断り(本日休みです) 5月28日(日) [独り言]

5月7日、8日の中山道の記事はまだ残っていますが、次の行程に出かけました。

当初予定をしていたところまで行けず、途中で終わってしまいました。

昨晩帰りましたが次の記事が準備できていません。

今日は休憩します。

A0528titlex.jpg

次の更新は5月30日(火)です。

本日もご訪問ありがとうございました。



nice!(88) 

早朝の横浜散歩・続き 5月26日(金) [横浜散歩]

昨日は、一日中どんよりとした曇り空でしたが、天気は回復に向かっているようです。

中山道の記事が続いたので横浜写真に変ります。



ゴールデンウィークの真っ只中、5月4日の朝です。

全国都市緑化よこはまフェアで花壇の並ぶ日本大通り、山下公園を見てきました。

(前回の記事はこちらです)

港の見える丘公園にむかいます。

山下公園から人形の家の方へ歩道橋で横断します。

D81_3900.jpg

山下公園通りの新緑が綺麗です。
(先週のアド街はこの辺りでしたね)

D81_3901.jpg

イチョウの新しい葉は、小さいけれどきちんとイチョウの葉の形をしています。

D81_3903.jpg

この服装ではちょっと暑そうですね。

D81_3904.jpg

朝6時過ぎに関内駅に着いてから写真を撮りながら来ました。

まだ7時20分です。

D81_3906.jpg

港の見える丘公園の方に上っていきます。

ここは急な階段で息が切れます。

深呼吸で息を整えます。

D81_3907.jpg

木の間から横浜ベイブリッジが見えます。

D81_3912.jpg

上ったところに・・・?

D81_3913.jpg

なんでここに外交官の家があるの?

D81_3915.jpg

べーリックホールも

D81_3914.jpg

山手洋館を使った大きな花壇でした。

D81_3918.jpg

うまく出来ていますね。

朝だからゆっくり写真を撮ることが出来ました。

D81_3926.jpg

ガーデンベアも頑張っています。

D81_3922.jpg

港の見える丘公園は、花一杯です。

D81_3924.jpg

バラ園の方に行きました。

D81_3927.jpg

5月4日でしたのでまだバラは咲いていませんでした。

今は見ごろを通り過ぎているかもしれません。

ベンチの上にブーケが置いてありました。
(ここだけでなくすべてのベンチに置いてありました)


D81_3930.jpg

大佛次郎記念館の前の花壇です。

D81_3933.jpg

少しずつ人の姿が増えてきました。

D81_3937.jpg

この時咲いていたバラの花はこれだけです。

D81_3942.jpgD81_3944.jpg

港の見える丘公園を出てアメリカ山公園に向かいます。

ここは日本ではないような感じがする所で私の好きな場所です。

D81_3947.jpg

アメリカ山公園では、モッコウバラが綺麗に咲いていました。

D81_3953.jpg

このドアは何となく撮りたくなるドアです。

D81_3959.jpg

ここからエレベーターで下りると、元町に出てきます。

スタバの前は高級車ばかりです。

D81_3963.jpg

元町商店街も静かです。

D81_3965.jpg

中華街でお粥でも食べようかと思いましたがGWの最中で、行列だと思い止めました。

D81_3968.jpg

コメダがあったのでモーニングセットにしました。

komeda.jpg


コメダを出るとこんな車が止まっていました。

D81_3971.jpg

石川町から9時ごろの電車で帰りました。

D81_3975.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。



今朝から出かけております。

皆さんへの訪問、コメントの返信は遅れますのでご容赦願います。

28日の更新はお休みとさせていただきます。




D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

nice!(79)  コメント(28) 

中山道歩き25の4(2017/5/7) 5月24日(水) [中山道を行く]

先週の週末からの暑さは治まりました。

昨日は、程よい気温で過ごしやすい日でしたが午後からは風が強くなり困りました。



前記事の続きです。

0524title.jpg

5月7日(日)中央本線の大桑駅を11時頃スタートし、15時頃、三留野宿本陣跡に着きました。

D71_0828.jpg

この案内板によれば、本陣の建物は明治14年7月の火災により焼けてしまった。

その時の火災で家屋74軒、土蔵7軒も焼失したとの事です。

D71_0829.jpg

この日は17時頃に妻籠に到着の予定です。

先に進みます。

三留野宿は高い場所にありました。

左の道を行くのではなく、右下に下りて行きます。

D71_0831.jpg

常夜灯があったので、宿場の出口に近い場所かと思います。

D71_0832.jpg

細い道を進んでいくと、建物はともかく場違いな看板が!


どこからお客さんが来るのでしょう。

D71_0833.jpg

先に進むと急に周りの様相が変わりました。

D71_0834.jpg

ここは2014年7月9日に発生した土石流の被害があった場所です。

ここから上流の方まで被害があったようです。

nagiso.jpg

すっかりきれいになっています。

D71_0835.jpg

茶色い橋が見えますが、JR中央本線が通ってます。

約1か月不通だったそうです。

D71_0837.jpg

進みます。ここで少し道を間違えてショートカットで歩いてしまいました。

ここでも外国人向け案内です。

D71_0839.jpg

南木曽駅の材木積み出し基地でしょうか。

D71_0842.jpg

古い街並みが続きます。

D71_0843.jpg

南木曽駅から普通列車が出て行きます。

D71_0846.jpg

家並みも無くなり、静かな道になりました。


D71_0847.jpg

とうとう家が無くなりました。

D71_0848.jpg

妻籠まで3.1kmとなりました。
(1時間と案内されていますが・・・平地だったら、なんてことはありません)

D71_0849.jpg

徐々に上り坂になります。

D71_0850.jpg

坂の途中でこの人とすれ違いました。

大阪の人で、この日は野尻宿まで歩くと言ってました。

D71_0851.jpg

坂を上ったところに神戸という集落がありました。

D71_0854.jpg

このような祠を見ながら、

D71_0855.jpg

ここでも白い藤の花を見ることが出来ました。

D71_0858.jpg

しばらくすると石畳の道を下ります。

D71_0863.jpg

途中から上り坂になり、上りきると家が見えてきました。

ここが宿場かと思ったらまだです。

D71_0865.jpg

一里塚がありました。

これは原型に近いです。

D71_0867.jpg

宿場はまだ先です。

D71_0870.jpg

妻籠城址の案内があります。

妻籠城は室町時代にはあったと言われています。

D71_0872.jpg

妻籠宿が近づいてきました。

右の道を下りて行きます。

D71_0873.jpg

いよいよ妻籠宿に近づきました。

これは民宿です。

D71_0876.jpg

道沿いの建物にはこんな演出が見られます。

D71_0877.jpg

建物の間からは大きな山藤が見えます。

D71_0878.jpg

宿場の入り口です。

D71_0881.jpg

高札場が復元されています。

D71_0882.jpg

宿場の中に入っていきます。

GWの最終日の夕方なので静かです。

D71_0883.jpg

16時50分頃、この日の宿、藤乙(ふじおと)に着きました。

山道だったので3.1kmを1時間15分かかりました。

D71_0884.jpg

倒れ込むように旅館に入りました。



旅館と言っても、建物は民宿風です。
バストイレ付の部屋などはありません。
但し、夕ご飯は美味しかったです。
一品ずつ持ってきてくれるので写真はありません。
泊り客は日本人と外国人が半々でした。
食事を運んでくれるのは20代半ばのお嬢さん二人で、いずれも流暢な英語を話します。
平日は外国人(主にアメリカ、オーストラリア人など)が多いそうです。

食事の前に写真を撮って、翌朝の朝食時に置いてありました。

tsumago017z.jpg

5月7日、8日の中山道歩きの前半でした。

次回は横浜の記事になります。

その後、5月8日の道中記になります。



本日もご訪問ありがとうございました。




D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(85)  コメント(36) 

中山道歩き25の3(2017/5/7) 5月22日(月) [中山道を行く]

20日、21日は二日続けて暑い日でした。

昨日は舘林で35度を超えたとか、真夏ですね。

二日間、用事があり神戸に行ってました。

皆様への訪問が十分できていませんがご容赦願います。

前記事に続きます。

5月7日の中山道歩きです。

0522title.jpg

前記事の最後の写真です。

黄色の方から来ました。

mapy.jpg
(googleMapより)

車の切れ目のタイミングをみて横断します。

D71_0787.jpg

横断してから坂を上ります。

上から見た写真です。

右奥の道から来ました。

D71_0788.jpg

この辺りの標高は489mです。

アップダウンの繰り返しですが徐々に標高は下がっています。

D71_0789.jpg

緩い坂道と言えども息が切れます。

上った所に集落が現れ、人の姿も見えます。
(十二兼・・じゅうにかね、という集落です)


D71_0790.jpg

旧街道には、全くと言っていいほど自動販売機はありませんが、ここにはありました。
(でも此の先にもほとんどありませんでした)

そして、地図が置いてあります。

D71_0791.jpg

ここには英語バージョンの地図が置いてありました。
(上のものは私が持ち歩いている地図です。)

D71_0933.jpg

地図を開くと、和文、英文併記でした。

D71_0926.jpg

農村では軽トラックは必需品ですね。

D71_0792.jpg

旧街道ならではの光景です。

D71_0793.jpg

坂道を下って行くとこんなところに出ました。

D71_0794.jpg

国道と鉄道の向こうに旧街道があります。

私が持っている地図の元になった手書きの地図にはこう記述してあります。
(この地図は木曽福島の観光案内所の方が作ったそうです)

mapz019.jpg

但し、今は線路には入れません。

D71_0796.jpg

私が持っている現在の地図ではこうなっています。

mapy.jpg

入り口はこちらです。
(よく見たら手書きの案内がありました)

D71_0795.jpg

こんなところで怪我をしたら洒落になりません、注意して階段を下ります。

D71_0797.jpg

線路の下です。

D71_0798.jpg

出た所はこんなところでした。

D71_0799.jpg

正面はJR十二兼駅です。

D71_0800.jpg

この辺りの民家では玄関にほとんど注連縄とお札(立春大吉、鎮防火燭)が貼ってあります。

D71_0801.jpg

木曽川の向こうに見える林の新緑が綺麗でした。

D71_0802.jpg

常緑樹の濃い緑と、新緑の色が作る山肌も綺麗です。

D71_0805.jpg

国道に出てきました。

交通量は多いです。

D71_0806.jpg

ここから国道歩きが始まります。

この写真に写ってるところはずっと歩きます。

D71_0811.jpg

でも横は木曽川で広々して、景色もきれいです。
(後ろを向くとこんな景色になります)

D71_0808.jpg

国道の向こうには中央本線の線路があります。
(十二兼を過ぎると複線になります)

D71_0809.jpg

もう一度後ろを見ます。

綺麗な景色です。

D71_0813.jpg

まだ続きます。

D71_0814.jpg

国道に出てから約50分歩きました。

左に分かれ道があり、こちらに行かなければなりせん。

D71_0817.jpg

横断歩道はありません。

タイミングを見て小走りに横断します。

静かな道になりました。

D71_0818.jpg

国道の車の音も聞こえなくなりました。

D71_0819.jpg


横の線路を電車が通ったので後ろを見ると、綺麗な景色の中に電車が走ってきます。
(ちょっと撮り鉄になりました。)

D71_0820c.jpg

JRの線路の下をくぐります。

D71_0822.jpg

今までの経験則ですが、国道、鉄道より左に入ると上り坂になります。

D71_0823.jpg

坂を上ると、集落になりました。

D71_0824.jpg

三留野宿の始まりです。

屋号の付いた家が出始めました。

D71_0825.jpg

静かな街です。

D71_0826.jpg

本陣跡の案内板がありました。

建物はありません。

D71_0828.jpg

三留野(みどの)宿は41番目の宿場町です。

この後はいよいよこの日の最後になる妻籠宿へ向かいます。

あと約6kmあります。

次に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。




D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(87)  コメント(33) 

中山道歩き25の2(2017/5/7) 5月20日(土) [中山道を行く]

昨日は朝から晴れ渡り、良い天気でしたが暑い日でした。

一日中外出していましたが、顔が火照っています。

今日はさらに暑くなるとか、熱中症の心配が必要になりました。




前記事の続きです。

前記事のコメントで一部誤解されていらっしゃる方もいますので補足します。

スタート地点の大桑駅までの4時間半は4月19日の木曽福島のスタートの時より1時間近くなりました。

次に中山道歩きに行くときは中津川からスタートしますので更に近くなります。

この先しばらく名古屋から名鉄を使うか、JRを使うかの違いになります。




0520title.jpg

「道の駅大桑」を後にして100mほどで静かな道になりました。

右には線路があります。

D71_0737.jpg

先にある踏切を渡ります。

D71_0738.jpg

案内に従い左の方に行きます。

D71_0740.jpg

野尻宿に向かって進みます。

案内があるので迷うことはありません。

D71_0743.jpg

野尻宿に入っていきました。

今は単なる集落です。

D71_0744.jpg

常夜燈があると宿場町の雰囲気がでます。

D71_0745.jpg

本陣の跡地には案内板があるだけで庭のようになっていました。

野尻宿は40番目の宿場町で宿場の長さは奈良井宿に次いで2番目の長さの町です。

D71_0746.jpg

向かいには廃屋になった建物があります。

D71_0748.jpg

脇本陣跡には普通の家が建っていました。

D71_0749.jpg

警察の駐在所ですが、立派な建物の一部でした。

後ろの家には誰が住んでいるでしょうか。

D71_0751.jpg

昔は旅籠屋だったであろう庭田屋の建物。

旅館という看板が出ていますが今は旅館業はしていないと思います。

この建物は「フーテンの寅さん」22作目に出てくるらしいです。
(5月14日の記事に掲載した定勝寺でもロケをしたそうです)

D71_0752.jpg

しばらく進むとこんな案内板が目につきました。

D71_0753.jpg

こんな家です。

D71_0754.jpg

一里塚跡の石碑がありました。

D71_0755.jpg

このまま真っすぐ行くのではなく、右に曲がります。

D71_0756.jpg

珍しく人の姿が見えました。

D71_0757.jpg

緩い下り坂を降りて行くと、見晴らしの良い場所に来ました。

右には中央本線があります。


D71_0758.jpg

先に進んで線路の下を通ります。

D71_0761.jpg

この日はこんな格好で歩いています。

先月と違って軽装になりました。

D71_0762.jpg

進んでいくと馬頭観音等の石仏が並んでいます。

斜めに傾いたものがある事が歴史を感じさせてくれます。

D71_0764.jpg

民家の庭の中を通る様な感じがします。

D71_0766.jpg

白い藤が綺麗でした。

D71_0767.jpg

周りの風景も綺麗です。

D71_0769.jpg

歩いて行くと、急に牛糞の匂いがしてきました。

それもそのはず、牛小屋がありました。

D71_0771.jpg

この牛の他に、もう一頭中にいました。

D71_0770.jpg

野尻の集落を出ると静かな道になります。

左側は国道19号線です。

D71_0774.jpg

スミレの一種でしょうが、とても濃い色でした。

D71_0781.jpg

本来の中山道は左の道のようですが落石のため通行禁止です。

その為先に見える踏切を渡ります。

D71_0776.jpg

踏切を渡ると線路に沿って道は続きます。
(本来の中山道は左の山の中を通ります)

家もなく人もいません。

時折、車が来ますが、怖いような道です。(夜だったら怖いです)

D71_0779.jpg

右側は木曽川です。

D71_0780.jpg

その後踏切を渡り、進んだところに本来の旧街道(右側)がありました。(・・だと思います)

D71_0782.jpg

寂しい道も終わり、ここに出てきました。

D71_0785.jpg

この場所はGoogle地図で見るとこういう場所です。

黄色い矢印から来て、青い矢印に進みます。

mapy.jpg

信号も、横断歩道もないので注意して渡ると、ここから南木曽町に入りました。

D71_0786.jpg

後ろから三番目の写真のガードレールの道に入ります。

次回に続きます。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7100
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR


nice!(76)  コメント(24)