So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

葛西臨海公園 7月21日(土) [お出かけ(東京)]

暑さは一向に治まりません。

治まるどころか、横浜では来週の予報は連日35度前後になっています。



先日(7月10日)東京に用事があったので出かけました。

甲州道中のネタが無くなり、ストックも少なくなったので、ついでにネタ探し。

東京駅から京葉線に乗り、ある駅で下車。

電車の車内はほとんどがディズニーランドへ向かう人です。

日本語はほとんど聞こえません。

私はこの駅で下車。

D75_6093.jpg

大きな観覧車がお出迎え、直径が117mあるそうです。

横浜みなとみらいの観覧車は100mなのでそれよりも大きいです。

D75_6066.jpg

一周17分かかるそうですが、今は暑いでしょうね。

D75_6065.jpg

ここには水族館がありますが寄りません。

D75_6072.jpg

クリスタルビューと言うそうですが、ガラス張りの門みたいな感じです。

D75_6069.jpg

画になる場所です。

D75_6068.jpg

モデルさんでもいれば・・ 

D75_6074.jpg

通過して出たところは広々とした空と海(東京湾)が広がります。

D75_6076.jpg

晴天で、青空と雲、木々の緑が映えます。

D75_6077.jpg

羽田に向かう飛行機が飛んできました。

D75_6078.jpg

高度を下げながらゲートブリッジの方に旋回して行きます。

D75_6080.jpg

雲がきれいですね。

D75_6081.jpg

園内を周回しているパークトレインが走っています。

D75_6082.jpg

この雲も変わっています。

奥の方には入道雲があります。

D75_6085.jpg

都心方面を見ます。

D75_6083.jpg

乗って見ればよかったですが、乗りませんでした。

D75_6087.jpg

パークトレインが戻っていました。

D75_6088.jpg

孫がここの近くに住んでいますので、いつか連れて来よう。

D75_6090.jpg

今は暑くてそういうわけにはいきません。



この週末も暑さが続きます、皆さま熱中症にお気を付けください。



本日もご訪問ありがとうございました。

D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(62)  コメント(21) 

本覚寺から由比ガ浜へ 7月19日(木) [鎌倉探訪]

昨日は最高気温が40度を超えるところがありましたね。

暑い所と言えば熊谷、舘林が思い浮かびますが、岐阜県の多治見なども暑い所ですね。



前記事の続きです。

妙本寺を出て、数分歩くと本覚寺です。


ネットで見ていると、本覚寺・「ほんがくじ」となっています。

円覚寺は「えんがくじ」と言うのは知っていましたが、本覚寺は知りませんでした。

D81_5682.jpg

ここの境内に鉢植のハスがあります。

昨年も妙本寺の帰りに寄りました。

D81_5683.jpg

大きな花が咲いていました。

D81_5685.jpg

鉢植ですのでそれほど沢山はありません。

白いハスの蕾です。

D81_5686.jpg

黒い物が見えますが、トリミングして見ると小さな虫でした。

D81_5687c.jpg

7月3日でしたが、今ほど暑くはありませんでしたが、夏の日差しが差していました。

境内を抜けて鎌倉駅に向かう人もいました。

D81_5689.jpg

一旦、妙本寺に戻ってtakenoko号で由比ガ浜へ行きました。

まだ6時前なので人の姿はほとんどいません。

D81_5693.jpg

沖の方からの風が強い日でした。

D81_5694.jpg

最近の暑さでは多くの人で賑わっていると思いますが、この日はまだ7月3日です。

散歩の人ぐらいなものです。

D81_5695.jpg

何人かの人が朝早くから楽しんでいます。

D81_5697.jpg

ここでは早朝ににサーフィンをして、それから仕事に行くような人もいます。

(この人達がそうかどうか知りません)


D81_5696.jpg

沖には漁船が数隻、今は何が獲れるでしょう。

D81_5698.jpg

波打ち際でしゃがんで撮ると、足元まで波が来ます。

D81_5699.jpg

急に風が強くなり、波が大きくなりました。

被っていた帽子も何度も飛ばされました。

D81_5700.jpg

長い髪が風で後ろになびいています。

D81_5701.jpg

波打ち際で波を見ている女性。

D81_5703.jpg

こんな所に移動してスマホの操作です。

近所の方でしょう、よく日焼けをしています。

D81_5704.jpg

良い天気になりそうです。

D81_5706.jpg

由比ガ浜のシーズン初めの光景です。

D81_5705.jpg

このような建物はすでにいくつかできていました。

いつもの年より早い梅雨明けで、猛暑もあり、今年は笑顔の海の家でしょう。


D81_5708.jpg

7月3日(火)朝の鎌倉でした。

本日もご訪問ありがとうございました。

今日も暑そうです。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

nice!(71)  コメント(28) 

妙本寺の凌霄花 7月17日(火) [鎌倉の寺社]

暑いという言葉しか出て来ません。

昨日は朝からものすごい暑さをかんじました。

外出はせず、一日中家にいました。



今年はいろんな花の開花が早いので凌霄花はどうかと思っていました。

6月末頃、近所の散歩途中で、よその庭に咲いていた凌霄花。

これはもう咲いているだろうと、7月3日(火)の早朝に出かけました。

午前4時半頃、takenoko号で家を出ました。

着いたのは5時過ぎです。

いつも感じる事ですが、こんな森深い雰囲気があるお寺も珍しいです。

カラスの巣があるらしく、数羽のカラスがが飛んでいましたのでちょっと怖いです。

D81_5659.jpg

この時はまだ紫陽花が咲いていました。

D81_5661.jpg

二天門の先には祖師堂が見えてきます。

D81_5662.jpg

期待していた凌霄花、咲いていました。

D81_5663.jpg

一番乗りだろうと思っていましたが、カメラを持った先客さんがいました。

地元の方でしょう。

祖師堂にお参りし振り向きます。

見事に咲いています。

D81_5665.jpg

気付いたら先客さんは居なくなっていました。

D81_5667.jpg

夏の花ですね。

D81_5668.jpg

花は沢山咲いていますが、すぐ落ちてしまうのですね。

D81_5666.jpg

ちょうど一年前、ここでさる1号さんとバッタリ。

もう1年過ぎたのですね。

D81_5670.jpg

いつもこちらの木は花付きが少ないです。

D81_5672.jpg

とはいえ、今年も妙本寺の凌霄花を見ることが出来ました。

D81_5671.jpg

目に焼き付けてから門を出ました。

D81_5673.jpg

紫陽花を見ながら坂を下ります。

D81_5675.jpg

階段横の紫陽花もまだきれいでした。
(花をアップで撮ると?)

D81_5676.jpg

谷間の地形ですので陽が射しこむことなく落ち着いた感じです。

D81_5677.jpg

今年は綺麗な紫陽花を見ることはありませんでしたが、まずまずの光景でした。

D81_5690.jpg

入り口の比企谷(ひきがやつ)幼稚園は当然まだ静かです。

D81_5680.jpg

普通の屋根に見えますが、上から見ると八角形の屋根です。

D81_5679.jpg

takenoko号は置いといて、本覚寺に向かいます。

本日もご訪問ありがとうございました。



D810
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

nice!(72)  コメント(27) 

6月の円覚寺(2) 7月15日(日) [鎌倉の寺社]

猛烈な暑さが続きます。

気象庁のデータによれば

昨日の最高気温が一番高い所は多治見(岐阜県) 38.7度
        一番低いのが納沙布(根室)   9.5度

先月初めに歩いた勝沼は37.6度だったとか、耐えられない暑さのようです。

京都は38.5度、祇園祭りも大変ですね。

昨日は一日中家にいました。

よほどの用事が無ければ出ない方がいいですね。



前回(円覚寺)の続きです。

黄梅院を出て引き返します。

D75_6004.jpg

妙香池のそばで、境内にある幼稚園の子供達でしょうか、


D75_6005.jpg

大方丈に戻ってきました。

D75_5992.jpg

大方丈の前庭に子供たちがいました。

この日は大方丈でなにかあるらしくお坊さんたちも盛装しています。

D75_6010.jpg

大方丈の前庭には石仏がたくさん並んでいます。

D75_6016.jpg

街道歩きでたくさん見てきましたので、なんとなく興味を魅かれます。

D75_6007.jpg

幾つか写真を撮りました。

写真を撮っている間に大方丈から般若心経の声が聞こえてきました。

D75_6009.jpg

手を合わせてお祈りしている姿に魅かれます。

D75_6011.jpg

この石仏は観音様でしょうね。

優しい顔と手の仕草が女性らしいです。

D75_6013c.jpg

唐門の前に出ました。

紫陽花の花の前で雀がチョコチョコしていました。

D75_6017.jpg

こんな事をしている人もいました。

円覚寺境内は犬を連れてきてもいいようです。
(他の日にも何度も見ています)

D75_6019.jpg

紫陽花は少し終わりかけのものが多かったのですが、こういう風に撮ると問題ありません。

D75_6021.jpg

子供達も紫陽花を見ていました。

D75_6022.jpg

まだこんな色の花もありました。

D75_6028.jpg

渦紫陽花も元気でした。

D75_6025.jpg

近くではスケッチする人もいます。

D75_6032.jpg

円覚寺を訪れる外国人は欧米系の人が多いです。

D75_6023.jpg

山門をこの方向から撮ったのは初めてです。

何かバランスが悪いように見えます。

D75_6031.jpg

入り口には行列ができていました。

D75_6033.jpg

円覚寺で行列ならば明月院は大変な行列ではないか?

野次馬根性で明月院の前まで行って見ました。

明月院に向かう人は多いですが、

D75_6036.jpg

行列になるほどではありませんでした。

D75_6035.jpg

用事があるので明月院には入りませんでした。

北鎌倉の駅に戻るため円覚寺の前に戻ります。

ここも円覚寺の敷地でしょう。

以前は普通の家がありましたが綺麗になっています。

D75_6039.jpg

前にはこんな掲示板が出来ていました。

D75_6038.jpg

2時間ほどの北鎌倉探訪でした。

D75_6041.jpg

本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

タグ:円覚寺
nice!(74)  コメント(22) 

6月の円覚寺(1) 7月13日(金) [鎌倉の寺社]

一昨日の猛暑とは変わり、昨日は朝は雨、その後一日中曇りでした。

曇っていると日光による暑さはないですが、湿度が高く不快な一日でした。

結局、昨日は一日中家にいました。

今日から猛暑になるようです。

皆さま十分気を付けてください。



甲州道中は秋までお休みです。

ちょっと時間が経ってしまいましたが、円覚寺の風景です。

6月27日、紫陽花もピークを過ぎていましたが久しぶりに北鎌倉へ。

とんでもない混雑の明月院には行きません。

いつもは8時の開門に行きますが、この日は手間取って9時過ぎになりました。

????

これはうるさいお参りになるな・・・

D75_5966.jpg

拝観料を払い仏殿に向かいます。

D75_5969.jpg

仏殿に入りお参りします。

子供達を見ていると、大きな声で騒ぐ子。

D75_5971.jpg

帽子を被ったままの子。

柏手を打つ子。

お参りの作法ぐらい学校で事前に教えておいて欲しいですね。

D75_5972.jpg

いつもの静かなお参りは出来ませんでした。

やはり一番乗りで来なきゃダメですね。

D75_5973.jpg

居士林前のモミジ、今年の紅葉を思い浮かべます。

D75_5975.jpg

居士林横から龍隠庵に入ります。

野甘草が咲いていました。

D75_5977.jpg

右の紫陽花はこんな状態でした。

D75_5978.jpg

緩い階段を上っていきます。

D75_5979.jpg

お地蔵様にお出迎え。

D75_5980.jpg

このお地蔵様の場所には、以前この壺が置いてありました。

D75_5984.jpg

既製品のお地蔵様よりこちらの方が私の好みです。

D75_5981.jpg

ここには鉢植えのハスがありますが、この時には蕾もありませんでした。

新しくきれいにされた庭の方へ行って見ます。

D75_5982.jpg

鎌倉には沢山ある櫓(崖に彫ったお墓)がありました。

D75_5983.jpg

元に戻ります。

ここにも野甘草が二輪。

D75_5986.jpg

境内を歩きます。

仏殿の裏から反対側を見ると紫陽花が綺麗に咲いています。

帰りに寄りましょう。

D75_5976.jpg

この日は弱い日差しでした。

雨傘でなく日傘です。

D75_5987.jpg

アジサイの花が目の高さより高い所にあるので下から撮ってみました。

D75_5989.jpg

気のせいか、大方丈の建物はいつもと違うように見えます。

D75_5990.jpg

いつもの黄梅院へ向かいます。

D75_5996.jpg

6月の言葉はこれでした。(今は7月ですので変っています)

D75_5997.jpg

黄梅院はいつも何かしら花がありますが何も見当たりません。

紫陽花の緑の葉ばかりでした。

D75_5998.jpg

それでも、小さな金糸梅が光っていました。

D75_5999.jpg

今までよく見ていませんでしたが、続燈庵の前は大きいイチョウの木が並んでいます。

秋の景色はどうだったか・・今年の宿題です。

D75_6003.jpg

円覚寺、続きます。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

タグ:円覚寺
nice!(73)  コメント(22) 

甲州道中歩き旅8の4(2018/5/5) 7月11日(水) [甲州道中を行く]

先週1週間は梅雨に戻ったような天気でしたが、昨日は真夏になりました。

久しぶりの青空と白い雲で見た目は気持ち良い日でしたが、猛暑でした。



先月の25日にシステム変更が行われました。

私が使っているHeadline-Reader(フリーソフト)で出てこないブログがいくつかありました。

しばらく訪問できていないブログもありましたが、ほぼ正常に戻ったようです。



前記事の続きです。

本日の記事は5月5日の笹子峠越え(4)です。


0711title.jpg

小さな橋を渡ります。

水は流れていません。

D75_4779.jpg

その先には、大きな木が。

山梨県の天然記念物に指定されている「矢立の杉」です。

昔の武者が出陣に当たりこの木に矢を打ち立てて武運を祈りました。

そのために「矢立の杉」と呼ばれています。

D75_4784.jpg

大きい木ですが、21mほど高さがありその上は折れています。

中は空洞になっており、以前は中に入れたらしいですが、今は出来ないようです。

D75_4780.jpg

真新しい石碑がありました。

この歌で全国的にも有名になったそうです。

この石碑の他にも杉良太郎寄贈の小さな祠もありました。

D75_4781.jpg

youtubeで聞いてみましたが、しみじみとした歌でした。 (私は初めて聞きました)
こんな歌です

先を急ぎましょう。

D75_4785.jpg

道は開けて、かえって迷いそうですが、踏みあとを探しながら進みます。

D75_4786.jpg

壊れた石仏のような、庚申塔かな?

D75_4787.jpg

少し広い所でベンチがあります。

ちょっと休憩します。

D75_4788.jpg

昔は茶屋があったところです。

明治天皇がここで野立をしたとか、

D75_4789.jpg

小さな沢を渡ります。

D75_4790.jpg

林を横に見て進みます。

D75_4791.jpg

道は県道に出ました。

D75_4793.jpg

ここからはこの道を歩きます。

D75_4796.jpg

この先も続きますが、ここで失敗。

事前に調べていた道はこの道から一度外れるのですが、気づかずに直進してしまいました。
(道案内が欲しい所です・・・中山道と比べると非常に少ないです)

D75_4797.jpg

この道は引き返すことはしませんでした。

この旗がやたら目立ちます。

D75_4798.jpg

結局下りてしまいました。

D75_4800.jpg

下りてからすぐに曲がり林に沿って進みます。

D75_4801.jpg

この日は5月初め、田植えが済んでいました。

D75_4802.jpg

小さな集落に入り、道の角にこんな案内があります。

D75_4803.jpg

この道に下りてくるのが正しい道でした。

D75_4804.jpg

いきなり現実に引き戻されたような感じです。

D75_4805.jpg

国道歩きになりました。

D75_4806.jpg

この日は子供の日、鯉のぼりが泳いでいます。

D75_4808.jpg

今でも営業が成り立つでしょうか???

D75_4809.jpg

休日の国道です。

車の量が多くなりました。

D75_4810.jpg

道はカーブしてお寺がありました。

後ろの上の方に見えるガードレールは中央高速です。

D75_4816.jpg

臨済宗妙心寺派の普明院と言うお寺でした。

D75_4814.jpg

この建物は黒野田宿の本陣跡です。

明治天皇行在所跡の石柱が立っています。

D75_4817.jpg

進んでいくとこんな地蔵様?

横に説明があり、「笠懸地蔵」と言うそうです。

こんな重い笠はとても耐えられませんね。

D75_4818.jpg

この日の終点の笹子駅のホームは見えているのに駅舎が見当たりません。

やっと着きました。

ここを右に曲がると笹子駅です。

D75_4820.jpg

駅に着くと5分も経たない内に電車が来ました。

ゴールデンウィークの晴天の日、電車はハイキング帰りの人で満員です。

結局、高尾まで立ったままでした。(約1時間)

この日はこの切符を使ったので安上がりでした。

D75_4821.jpg

6月にこの日の出発地点の甲斐大和まで歩きました。

これで、下諏訪から笹子まで歩いたことになります。

甲州道中のほぼ中間地点になります。

mapx2.jpg

夏は暑いのでお休みです。

この先は涼しくなってからスタートです。

笹子餅と清酒笹一でスタートです。

D75_4820c2.jpg

ここからは日帰りで往復することになります。

甲州道中の記事は一時お休みになり、通常の記事になります。

ネタ探しに忙しくなります。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(68)  コメント(18) 

甲州道中歩き旅8の3(2018/5/5) 7月9日(月) [甲州道中を行く]

大雨のピークは過ぎましたが、被害の状況が明らかになってきましたね。

早く水が引いて、早期の復旧を祈ります。

一方関東では今日から猛暑が戻ってきます。

こちらも気を付けないといけませんね。

本日の記事は5月5日の笹子峠越え(3)です。


0709title.jpg

沢を橋で越えたり、跨いで渡ったりしながら来ました。

林の中に入りました。

D75_4740.jpg

また橋があります。

ここは石垣でしっかりしていますね。

整備された道のようですが、この石垣は昔からのものかどうか不明です。

D75_4741.jpg

注意して渡りましょう。

D75_4742.jpg

渡り終えるとホッとするような道になります。

D75_4743.jpg

進んでいくと、左が急な崖になっています。

D75_4744.jpg

のんびりとした山歩きでなく、気が抜けません。

D75_4745.jpg

やっと安全な道に出ました。

林道のようです。

D75_4746.jpg

ここでハイカーの人とすれ違いました。

D75_4747.jpg

林道の横からまた上ります。

D75_4749.jpg

甘酒茶屋の標柱がありました。

甘酒茶屋は旧東海道の箱根にもありますね。

疲れた体には甘い物が元気が出ますね。

D75_4750.jpg

また森の中を進みます。

D75_4752.jpg

県道に出ました。

トンネルが見えます。

笹子隧道の甲州市側の出口です。

バイクが2、3台止まっています

D75_4755.jpg

車やバイクはここが峠の頂点ですが、昔はトンネルはありません。

道路の脇に上り口があります。

D75_4756.jpg

もうひと頑張りです。

D75_4758.jpg

上がるとこんな道になりました。
(この写真、魚眼レンズで撮ったわけではありません・・・念のため)

D75_4759.jpg

赤い鳥居が立っていました。

稲荷神社かと思ったら、天神祠となっていました。

峠を往来する人、馬の無事を願うために作られたとか。

D75_4760.jpg

鳥居を横に見て、まっすぐ進むと峠の頂上です。

D75_4761.jpg

峠の頂上に着きました。

ここから大月市になります。

下りで2時間30分の道を私は4時間弱で上りました。
(写真を撮りながら、休憩込)

70歳のジジイではこんなものでしょう。

D75_4762.jpg

林の中なので、眺めはよくありません。

下るだけなので、すぐ歩きだします。

滑りそうな細い道なので写真はこれだけしかありません。

D75_4764.jpg

5分程で、駐車場のような所に着きました。

D75_4765.jpg

そこに立っていたのはこんな立て札。

そう言えば上る時にすれ違った人の中には熊ベルを付けた人が居ました。

D75_4766.jpg

ここはトンネルの大月側の出口です。

D75_4768.jpg

このトンネルは昭和13年に開通しました。

平成11年に登録有形文化財に指定されました。

反対側に比べてお洒落なデザインです。

D75_4770.jpg

ここから少し県道を下ります。

D75_4771.jpg

こんな案内がありました。

ここから旧道になります。

D75_4774.jpg

ここからが両方が切り立った細い尾根道になります。

恐々通ります。

D75_4775.jpg

ゆっくり進みます。

D75_4776.jpg

やがて林間コースになりました。

D75_4777.jpg

この橋は怖くありません。

この先に矢立の杉があります。

D75_4779.jpg

次回に続きます。



本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(68)  コメント(24) 

甲州道中歩き旅8の2(2018/5/5) 7月7日(土) [甲州道中を行く]

西日本を中心に大雨が降り続いて各地に被害が出ています。

横浜では一昨日ぐらいから弱い雨は降っていましたが昨夕から強い雨に変りました。

これ以上の被害が広がらないようにと祈るばかりです。



前記事の続きです。


本日の記事は5月5日の笹子峠越え(2)です。

0707title2.jpg

甲斐大和駅を出てほぼ1時間、笹子峠はまだ遠いです。

D75_4692.jpg

歩いている道は県道212号線日影笹子線です。

昔はこの道が笹子峠越えの国道でした。

昭和33年に新笹子トンネルが開通した時に県道に変った道です。

交通量は少なく安全な道です。

すれちがったバイクが下って行きます。

D75_4694.jpg

山の中に入っていくと思っていましたが、少し開けた所に出ました。

D75_4695.jpg

山ツツジが綺麗でした。

D75_4696.jpg

山藤も綺麗です。

D75_4701.jpg

ゴールデンウィークの真っ最中天気も良いし、皆さん楽しんでいます。

自転車で上るってすごいですね。

D75_4697.jpg

道は何度も曲がります。

カーブした後の道は見えますか?(白いガードレール)

D75_4703.jpg

この日はまだ長袖でした。

D75_4704.jpg

突然右手にコンクリートの工場がありました。

道路の縁石のような物を作っているようです。

D75_4708.jpg

ツーリングのバイクは何台も通りすぎますが、珍しく車が通って行きました。

D75_4710.jpg

ちょっとした平坦な所にこんなものがありました。

これはゴミでしょうか????

D75_4712.jpg

進んでいくとこんな標柱が立っていました。

桃の木茶屋ってまさに甲州らしい名前ですね。
(ここには三軒の茶屋があったそうです)

D75_4713.jpg

小さな橋を渡ると突き当りに案内が見えます。
(この写真はグーグルマップのストリートビューの写真です)

kodo.jpg

こんな案内が立っています。

D75_4717.jpg

そしてこんな案内板もあります。

たまには洗ったらいいと思われるほど汚れています。

甲州峠唄
あれに白いは コブシの花か
峠三里は 春がすみ
うしろ見返えりゃ 今来た道は  
林の中を 見え隠れ
高くさえずる 妻恋雲雀
おれも歌おうか あの歌を
ここは何処だと 馬子衆に問えば
ここは甲州 笹子道

この唄がきっかけで、旧道の整備が始まったとか。

D75_4719.jpg

早速進みます。

D75_4718.jpg

ずっと舗装道路を歩いていましたので土の道は足に優しいです。

D75_4720.jpg

気持ちの良い森林歩きです。

D75_4721.jpg

とても歩きやすい道です。

D75_4722.jpg

こんな道ばかりだといいですね。

D75_4724.jpg

進んでいくとこんな標柱が・・・

またもや怖そうな・・

でもこの水が名水だとしても飲む気にはなりませんね。

色々調べてもいわれとか判明しませんでした。

もちろん行ってもいません。

D75_4725.jpg

私は峠道を進みます。

木漏れ日が差し込みますが、昼なお暗きというような道です。

D75_4727.jpg

人が写っていませんが、この頃になると笹子から上って峠を越えて来た人とすれ違います。

街道歩きと思われる夫婦、一人旅、単なるハイキングの人達など様々です。

D75_4728.jpg

倒木にキノコが生えていました。

陽が射しこんで綺麗です。

D75_4729.jpg

道は細くなりました。

右側に落ちると沢です。

D75_4730.jpg

沢に橋が架かっています。

D75_4731.jpg

用心して渡らないと落ちたら怪我をします。

水面まで5mぐらいですが岩だらけです。

D75_4732.jpg

橋を渡っても細い道が続いています。

D75_4733.jpg

上の2枚の写真は渡る前に撮っています。

無事に危険な場所を通り抜け、少し広くなりましたが左は崖になっており下は沢です。

D75_4734.jpg

しばらく沢沿いの道ですが、今度は沢をまたいで渡ります。

水量が多い時は濡れますね。

D75_4736.jpg

私の足でもなんなく渡れました。

D75_4738.jpg

ほっとして見上げると新緑が綺麗です。

D75_4739.jpg

この先も橋があります。

次回に続きます。

本日もご訪問ありがとうございました。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(74)  コメント(20) 

甲州道中歩き旅8の1(2018/0505) 7月5日(木) [甲州道中を行く]

昨日は、台風の影響で強い風が吹きました。

台風の影響でなくてもこのところずっと風が強いです。

今朝も強いです。

昨日までの天気予報では、今日は雨になっていましたが、ほとんど曇り変っています。

台風7号で各地で大雨が降りましたが、また新しい台風が発生したようですね。



甲州道中の続きです。

前々回の記事で甲斐大和駅まで行きました。

この先の笹子峠越えは5月5日に済ませています。

本日の記事は5月5日の笹子峠越えです。

お間違えの無いようにお願いします。

4月2日に下諏訪をスタートして
、3日に富士見まで歩きました。

その後4月は忙しく出かけることが出来ませんでした。

5月のゴールデンウィーク、特に出かけることもないので、日帰りで出かけました。

0705title.jpg

ゴールデンウィークなので特急列車は使いません。

各駅停車で甲斐大和まで行きました。

朝早く家を出たので8:30頃に着きました。

D75_4664.jpg

この日の予定は甲斐大和駅から笹子峠を越えて笹子駅まで歩きます。

中央本線、中央高速、国道20号線はいずれも5km位のトンネルで通過します。

旧街道は標高1096mの峠を越えます。

それぞれの駅は標高600m位なので、約480mの上り500m下ることになります。

歩く距離は約10kmです。

青い線が大まかなコースです。

sasagoX.jpg

甲斐大和駅からは大菩薩峠に上る人たちがバスを待っています。

休日でもあり、臨時便が出るようでした。

D75_4665.jpg

準備をして歩きだします。

諏訪神社がありました。

ここの社殿には彫刻が施され立派な神社だそうです。

但しご神木である朴ノ木については祟りがどうのこうのと言う話があるようです。

D75_4666.jpg

笹子峠の入り口まで歩きます。

前々記事では向こうからこちらに向かって歩きました。

D75_4667.jpg

新緑と晴天、歩き日和です。

D75_4668.jpg

標識通り左に曲がります。

車はそのまま真っすぐ行きますが、旧街道は右に入る道です。

D75_4669.jpg

いきなり急な坂になりました。

果物の木でしょうか手入れに余念がありません。

D75_4671.jpg

お地蔵様のようなそうでないような・・

水が供えてあるので誰かが世話をしているんでしょうね。

D75_4672.jpg

中央高速の真下を通ります。

D75_4674.jpg

道は平坦になり、奥の方に入っていきます。

D75_4675.jpg

雲一つないまさに五月晴れでした。

D75_4676.jpg

集落に入っていきます。

D75_4677.jpg

駒飼宿でした。

D75_4678.jpg

ここは元旅籠で現在は民宿のような感じです。

オーガニック野菜のカレーが売り物だとか。

D75_4680.jpg

元旅籠が並んだ場所です。

D75_4681.jpg

少し広い所に出ました。

D75_4682.jpg

おそらく茅葺屋根だったのでしょうね。

大きい家です。

D75_4683.jpg

宿場案内図がありました。

駒飼宿はこの前の鶴瀬宿から800mしか離れていません。

分担して勤めていたようです。

よく見ると、寿司屋と言う屋号があります。

D75_4684.jpg

上の案内板の横には本陣跡の標柱が立っていました。

D75_4686.jpg

明治天皇御小休所址の碑もあります。

D75_4687.jpg

今は普通の家が建っているだけです。

D75_4685.jpg

しばらく進むと脇本寺跡の標柱がありました。

こんな所でした。

D75_4688.jpg

そのまま進みます。

道の傍らに芭蕉の句碑が立っています。

秣(まぐさ)負う 人を栞の 夏野哉

D75_4690.jpg

この日は5月、山藤が咲いていました。

D75_4689.jpg

道はカーブして橋を渡ります。

正面のフェンスが旧道ですが、途中で道は途切れています。

D75_4691.jpg

笹子峠まではまだまだです。

ここの標高が690m、まだ400m登らないといけません。

D75_4692.jpg

次回に続きます。(笹子駅まで3回続きます)



前記事の補足

富岡製糸場は一時大混雑でしたが、今はピーク時の半分ぐらいです。

ホームページに来場者数が出ていました。(年、月別)



本日もご訪問ありがとうございました。

D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(73)  コメント(24) 

富岡製糸場 7月3日(火) [お出かけ]

暑い日が続きましたが、今日までだそうです。

明日からは梅雨のような天気に戻るようです。

丁度良いかもしれませんね。



甲州道中の記事を休み、富岡製糸場の記事です。

息子が時間があるので連れて行ってくれるというので出かけました。

6月9日(土)です。

出発するのが遅れ、8時半頃家を出ました。

目的地は世界遺産富岡製糸場です。

img004.jpg

圏央道の八王子ジャンクションの渋滞が相模原までつながっていました。

結局着いたのがお昼すぎになってしまいました。

先に昼食を、富岡製糸場の前に横川のおぎのやの店がありました。

峠の釜めしで昼食です。

D75_5880.jpg

昼食を終えて、中に入りましょう。

古そうに見えますが、世界遺産とか国宝などと表記されているので新しいものですね。

D75_5881.jpg

門を入ると正面に建物が見えます。

D75_5882.jpg

大人は1000円ですが、JAFの会員証提示で900円でした。

img009.jpg

正面の建物は東置繭所と言い二階は繭の倉庫として使われました。

一階は全般的な富岡製糸場の説明展示があります。

ジオラマがありました。

D75_5884.jpg

建物は木材で骨組みを作り壁はレンガ積みです。

広い空間を作るため柱はこのように太い木を使っています。

D75_5894.jpg

明治5年に操業開始ですのでかなり古い建物です。

D75_5883.jpg

この窓も年代物ですね。

D75_5885.jpg

こういう部屋もあります。

D75_5887.jpg

繭から糸を繰り出す実演をしていました。

お湯につけた繭から細い糸が出ています。

D75_5891.jpg

これに巻いて行きます。

D75_5890.jpg

二階の倉庫は、広い空間でした。

D75_5921.jpg

このように保管されていたのですね。

この袋を積み上げていたのでしょうか?

片倉の文字が見えますが、片倉製糸の工場になったのは昭和14年です。

D75_5919.jpg

外へ出て移動します。

なんとなく昔の学校を思い出します。

D75_5896.jpg

私は小学校、中学校、高校全て木造校舎でした。

昭和30年代の頃ですからそんなものでしょう。

ここはちょっと綺麗ですね。

D75_5905.jpg

繰糸所と言われる建物に入ります。

屋根はトラス構造になっており、柱のない広いスペースが確保されています。

D75_5898.jpg

創業時には、フランス式の繰糸機が300台並んでいたそうです。

現在保管されている機械は昭和41年頃のもののようです。

D75_5899.jpg

昭和62年までこの工場は稼働していました。

D75_5901.jpg

建物を出て周りの建物も見ます。

これは寄宿舎の建物です。

D75_5908.jpg

ブリュナー蒸気エンジンの復元機が展示されていました。

D75_5914.jpg

東繭置所と同じような建物(西繭置所)がありますが工事中でした。
(ここの見学はしませんでした)

D75_5912.jpg

煉瓦造りの建物と紫陽花。

D75_5911.jpg

何処でもありますね。

D75_5915.jpg

車を置いた駐車場に戻る途中。

小さな町です。

昔はこんな洋品店がありましたね。

D75_5923.jpg

帰る途中こんなところに寄りました。

D75_5931.jpg

中へ入って見ました。

D75_5928.jpg

中にはこんにゃくや、こんにゃくゼリーなどの工場があります。

D75_5925.jpg

観光バスも来ており、駐車場も一杯でした。

販売もしています。

幾つか買って帰りました。

D75_5929.jpg

帰りは渋滞もなく、無事に帰宅しました。



本日もご訪問ありがとうございました。

次回は笹子峠越えの記事になります。



D7500
AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

nice!(75)  コメント(24) 
前の10件 | -